松居直美の息子の不登校の理由とは!現在は不登校を乗り越え進学?

昭和の「アイドル演歌歌手」としてデビューし、その後はものまねタレントやバラエティータレント・女優などマルチに活躍している松居直美。1996年に、ADの元旦那との間に第一子を設けますが、その息子がやがて不登校になってしまいます。一体理由は何なのか?また、息子は無事に不登校を乗り越えられたのか?そんな松居直美の息子に関する情報を中心にまとめてみましたので、是非ご一読下さい。

目次

  1. 松居直美のプロフィールをご紹介
  2. 結婚後の松居直美は性格が丸くなった
  3. 離婚した元旦那と松居直美の息子はどんな人?
  4. 松居直美の息子が通っていた和光小学校とは?
  5. 小学4年生で不登校になった松居直美の息子!理由は何?
  6. 松居直美の息子は小学校4年生からフリースクールへ
  7. 不登校を乗り越えられた松居直美の息子、きっかけは何?
  8. 松居直美が採用したホームエデュケーションは違法?
  9. 中学になると親離れが始まった松居直美の息子
  10. 松居直美が息子の親離れを受け入れられたきっかけは?
  11. 不登校を乗り越えた松居直美の息子の進学先は?
  12. 高校卒業した松居直美の息子が進んだ先とは?
  13. 成人した松居直美の息子が選んだ新たな道とは?
  14. 松居直美の息子が現在通っている専門学校はココでは?
  15. 苦難を乗り越え大人に!松居直美の息子は経済面でも自立
  16. まとめ:松居直美の息子の今後に大注目!

松居直美のプロフィールをご紹介

タイトルの本題に入る前に、まずは松居直美がどういう人物なのが、簡単にプロフィールを紹介します。松居直美は1968年1月生まれで、現在(2018年時点で)50歳。「ゴールデンミュージックプロモーション」という芸能プロダクションに所属するタレントさんです。

茨城県筑波郡(現:つくば市)の出身で、松居直美が小学校6年生の時に、実家はペットショップを経営していたそうです。しかし、隣の家が肉屋であったため、1年で閉店を余儀なくされました。

松居直美の芸能界デビューは中学校2年生の時に「歌まね振りまねスターに挑戦!!」というテレビ番組に出演した際にスカウトされ、中学在学中の1982年に「電話のむこうに故郷が」で歌手デビューしました。デビュー時の松居直美は上の画像からも見て取れるように「アイドル演歌歌手」でした。

松居直美が一躍有名になったきっかけが、フジテレビの人気バラエティ番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」への出演でした。番組の人気コーナーだった「良いOL・悪いOL・普通のOL」で「普通のOL」役に起用された松居は、その独特な茨城訛りと素人っぽさがお茶の間にウケて、瞬く間に人気タレントの座に登りつめたのでした。

松居直美の趣味は、料理・読書・パソコン・格闘技観戦・パチンコ・旅行・バレエと、とにかく多趣味。習い事も好きなようで、整体やクラシックバレエ・料理を習っているそうです。芸能人らしく、幅広いジャンルに興味をお持ちなことが伺えます。上の画像は、趣味のバレエを習っている様子のようですが、背筋がピンと伸びてる姿が素敵です。

結婚後の松居直美は性格が丸くなった

欽ドンの放送終了後、松居直美がお茶の間で再び人気を博したきっかけとなったのが、フジテレビの「ものまね王座決定戦」でした。当時この番組のADを勤めていた2歳年下の一般人、岡山武史さんと1995年にめでたく結婚。その翌年に長男が産まれてますが、結婚から8年後の2003年に離婚されました。離婚後、松居直美は現在もシングルマザーとして、独身を貫いています。

松居直美とものまね番組で共演していた岡本夏生は、彼女の性格について「あの人ほど裏表のある人はいない」と話していたそうです。石川さゆりや都はるみなど、多彩なものまねレパートリーで大ブレイクした松居直美ですが、その当時の性格は評判悪く、プロデューサー以外のスタッフには、かなり上から目線的な態度をとっていたようです。

その性格の悪さが影響してか、90年代半ば頃から仕事のオファーが激減してしまいます。しかし、離婚後にある芸能界の実力者から大説教を受けたのを機に、松居直美は周囲への態度を改めたと言われております。性格が丸くなったということなんでしょう。

余談ですが、ネット上では離婚した元旦那さんの岡山武史さんが、その後再婚されたとの噂が流れておりますが、一般人のため真相が明らかになっていないのが現状です。それと、松居直美と元旦那さんの離婚の理由が「松居直美の性格の悪さ」という噂も流れておりますが、その真相は後ほど。

そんな松居直美ですが、現在はフジテレビで毎週日曜日の朝から放送されている「はやく起きた朝は…」というトークバラエティー番組に出演しており、共演の磯野貴理子・森尾由美とともに、バラエティータレントとして安定した人気を保っておりますが、同番組内で元旦那さんの愚痴をこぼす姿が、度々見られております。

離婚した元旦那と松居直美の息子はどんな人?

松居直美は、1996年に第一子となる直樹さんを出産しました。そんな直樹さんは現在(2018年時点で)22歳。松居直美のブログには、良く愛犬「豆」と一緒の画像がアップされてます。画像を見る限りだと、残念ながら顔がイマイチ分かりませんが、おそらくは長身で細身のイケメンではないでしょうか。犬好きだから、優しい性格をお持ちだと想像出来ます。

芸能人の子供が良く通っていることで有名な、東京都世田谷区にある「和光小学校」に通ってた直樹さんですが、小学校4年生の頃から不登校になったそうです。松居直美が旦那さんと離婚してから3年が経ったこの年、直樹さんにいったい何があったのでしょう?

松居直美の息子が通っていた和光小学校とは?

直樹さんが通っていた和光小学校は、学校法人和光学園が設置した小学校で、芸能人の子供たちに対して様々な配慮をしてくれることから、「芸能人御用達」とも言われております。この和光学園ですが、幼稚園から大学まで一貫して経営している私立の学校法人だそうです。

なぜ、和光小学校が「芸能人御用達」とも言われているのか?その理由ですが、芸能関係者の子供に対して、他の子供からの風当たりが強くならないよう、学校側が配慮してくれるそうなんです。だからと言って、芸能人の子供を特別扱いするわけではなく、生徒1人1人の個性を認め合い、「共に生きる」子供を育てる教育方針のようです。

小学4年生で不登校になった松居直美の息子!理由は何?

前述にもある通り、松居直美は8年間連れ添った旦那さんと2003年に離婚されてます。この2人の離婚の原因というのが「息子の将来性、特に教育的観点の食い違い」だそうです。しかし、直樹さんが不登校になったのは、親の離婚による影響ではなく、《反抗期》が原因だと言われております。

不登校だった頃、直樹さんは夏休みや連休の後半になると、とても苛立っていたそうです。松居直美はその当時、直樹さんに対して「夏休みでずっと遊んでいるのに、どうしてイライラするの?」と思っていたそうですが、この時まだ直樹さんは小学生の子供。母親に上手く自分の気持ちを伝えられずにいたようです。

「松居直美の息子は発達障害では?」という噂も流れておりました。テレビ番組で松居直美が「直樹は漢字が苦手で、“品川”がギリギリ書けるかどうか」と発言したことが、噂の発端と言われてますが、和光小学校に「障がい児枠」があることも、噂の要因にあったようです。

松居直美の息子は小学校4年生からフリースクールへ

息子の不登校が始まって以降、松居直美は率先して保護者会に参加したり、PTA役員を努めたりしました。学校との面談や不登校の親御さんの集まりの中で、色々と会話をしていく中で、「本当は学校に行ってもらいたいんだけど、子供にとってそれははとても苦しいことだ」ということに気付いたそうです。

息子の意思を尊重し、松居直美は直樹さんをフリースクールに通わせます。フリースクールとは、主に不登校の子どもたちを受け入れる教育機関のことです。ここに通ったことで、「学校へ行けなくてもいいんだ」と、息子さん自身が自分を認めることが出来たことが、自己肯定感に繋がったと言われてます。

不登校を乗り越えられた松居直美の息子、きっかけは何?

子供が小学校4年生の時に、不登校になってしまってから2年が過ぎた頃、松居直美は直樹さんのためにある決断をします。それは「ホームエデュケーション」というものでした。ホームエデュケーションとは、またの名を「ホームスクール」といい、文字通りホーム(家)を中心に学ぶという意味で、学校ではなく家庭を中心にして子供を成長させる選択です。

ホームエデュケーションを始めてから、松居直美は毎日のように直樹さんを連れて出かけたそうです。ジブリの森や映画館、海やディズニーランドなど、色々なところに行かれたそうです。

息子の子育てについて、ホームエデュケーションの採用を、松居直美が元旦那さんに相談したか否かは不明ですが、離婚してからは、母ひとり子ひとりの状況がずっと続いてるわけだから、子育てには人一倍苦労されたことでしょう。良くも悪くも「気が強い」松居直美の性格が伺えます。

松居直美が採用したホームエデュケーションは違法?

日本では、学校教育法の規定により「義務教育を家庭で行うことを認めていない」ので、松居直美のように日本国内でホームエデュケーションを行う保護者は、学校教育法に抵触する恐れがあります。しかし、保護者が子供のために就学可能であるよう、環境等を十分に整えて準備したにも関わらず、子供の自由意思で不登校となってしまった場合には、法律上の義務に違反した扱いにはならないそうです。

因みに、「自由の国」と称される国アメリカでは、ホームエデュケーションは全州において合法とされています。民間団体の設立や、各地で活発に行われるの草の根ネットワーク活動など、子供の教育にホームエデュケーションを選択している家庭に対するサポート体制も、非常に充実しています。

こうして、不登校を乗り越えるべく「ホームエデュケーション」に挑んだ直樹さんですが、小学校の卒業式は、直樹さん1人で校長室で卒業証書をもらったそうです。きっと貴重な経験となったことでしょう。

中学になると親離れが始まった松居直美の息子

小学生時代の後半を「フリースクール」「ホームエデュケーション」という形で過ごした直樹さん。中学生になると、普通の学校ではなく不登校性が集まる専門学校に進みます。そこでひたすらケアを受けるんですが、その頃から急に、直樹さんの親離れが始まりました。

息子の親離れを受け入れきれない松居直美は、何故かフランス料理の学校に通い始めます。とても厳しい学校だったそうですが、そんな環境に身を置く事が、松居直美の現実逃避だったようです。趣味の料理に熱中している間だけでも、反抗期な息子のことを忘れたかったのでしょう。

松居直美が息子の親離れを受け入れられたきっかけは?

小学校時代は後半から不登校、中学生に上がると今度は反抗期と、何かと息子の子育てに苦労した松居直美。そんな彼女ですが、辛抱強く直樹さんに寄り添い続けてきたそうです。息子の自立性・主体性・自発性を育てるいい機会だったのではないでしょうか。

ある直樹さんの誕生日に、松居直美はバースデーケーキを手作りして、息子の帰りを待ってたそうです。すると、直樹さんが帰宅されたんですが、反抗期だった息子は、母親がケーキがあることを告げても、それを無視して部屋に閉じこもってしまいます。

そこで松居直美は、息子がお気に入りの「AKB48」の曲をかけたんです。すると、直樹さんが「なんでAKBがかかってんの?」と言いながら部屋から出てきたので、息子の誕生日を祝い「おめでとう!ロウソク消して」と声をかけたそうです。

すると、直樹さんが彼女の声かけに応じてくれて、ロウソクの炎を消してケーキをふた口ほど食べてくれたんだとか。その後また、直樹さんは部屋に戻っていったそうなんですが、この時に松居直美は「息子の反抗期に勝った」と思ったそうです。

不登校を乗り越えた松居直美の息子の進学先は?

中学生時代に、専門学校で熱心にケアを受け続けた甲斐もあって、直樹さんは見事に不登校を乗り越えられました。そんな直樹さんが入学したのは、墨田区にある「文化学院」でした。

この文化学院ですが、普通の公立高校や私立高校とは違って、3年課程の専修学校です。高等課程の入学試験には学力検査が無いので、偏差値というものはありません。入学試験は作文を提出するのみです。一応、高校卒業資格は得られます。

高校卒業した松居直美の息子が進んだ先とは?

文化学院の高等課程で3年間を学んだ後、直樹さんは調理専門学校に進学されます。その頃から、直樹さんは実家を出て一人暮らしを始めます。尚、学費や交通費は全て、直樹さんの父親である松居直美の元旦那さんが支払っていたそうです。因みに、前述で書いた通り元旦那さんの職業はAD。松居直美より高収入とは言えないだけに、元旦那さんも経済的にかなり苦労されたことでしょう。

調理専門学校では、直樹さんは「製菓・カフェコース」を専攻しておりました。学校の研修でフランスに行くこともあり、本格的にお菓子作りを学んでいたそうです。松居直美がフランス料理の学校に通っていたことから、意外と息子は負けず嫌いな性格なのかもしれません。

この調理専門学校で2年間学んだ直樹さんは、20歳になると今度は別の分野の学校に進みます。因みに、上の画像の料理は、直樹さんが卒業制作で作った料理だそうです。この卒業制作発表会には、松居直美も元旦那さんも出席しており、息子が作った料理の味に満足していたそうです。

成人した松居直美の息子が選んだ新たな道とは?

調理専門学校を無事に卒業した直樹さんですが、20歳になると違う専門学校で演劇を専攻されました。どうやら、本当に自分がやりたかったことは、調理ではなく演劇だったようです。

演劇の専門学校では、勉強の為に舞台や映画観賞をする事が必須らしく、直樹さんは松居直美の自宅にやって来ては、資金援助をお願いするそうです。芸能人とはいえシングルマザー。相変わらず苦労が絶えない様子です。

親元を離れ一人暮らしを始めてからも、直樹さんはちょくちょく松居直美の自宅に帰ってくるようです。親思いの優しい性格を持った青年に成長されたのではないでしょうか。

松居直美の息子が現在通っている専門学校はココでは?

松居直美は、自身のブログに「拝啓」というタイトルで、こんなことを書いております。「あなたは演劇コースですが、デザインコースや医療のコースもあるので、とてもとても楽しかったです。」と。

現在、東京にある専門学校で、演劇・デザイン・医療と幅広い分野の学科を設けているのは「日本工学院」です。JR蒲田駅から歩いて直ぐの場所に上の画像のような広々としたキャンパスがありますので、ご存知の方も多いはず。ココが、現在直樹さんが通っている専門学校ではないかと言われております。

因みに、日本工学院には「演劇スタッフ科」という学科もあります。もしかしたら、直樹さんが目指しているのは松居直美のようなタレントではなく、元旦那さんのような裏方かもしれません。

苦難を乗り越え大人に!松居直美の息子は経済面でも自立

前述にある通り、時には資金援助をお願いしに、松居直美の自宅を訪れるという甘えた面を持つ直樹さんですが、一人暮らしの家賃や光熱費・生活費については、自らのバイトで賄っているそうです。調理専門学校時代の費用を工面していた、松居直美の元旦那さんとしては、やっと肩の荷がおりた気分でしょう。

因みに、ネットで“松居直美 直樹”で画像検索すると、この画像が良くヒットするのですが、こちらは直樹さんではなく、直樹さんが小6の時に一緒にキャンプに行ったお友達とのことです。確かに、名札を見れば一目瞭然かと。それにしても、直樹さんの顔出し画像が全く見当たりません。照れ屋な性格なんでしょうか?

こちらも、先ほどのお友達の画像なんですが、この画像と松居直美のブログに書いてある内容から、どうやらお友達の後ろでジャンプしているのが、直樹さんのようです。わりとユニークな性格をお持ちなのかもしれません。

まとめ:松居直美の息子の今後に大注目!

現在は、バイトをしながら専門学校で演劇を学ぶ直樹さん。おそらくは2年制なので、来年(2019年)3月には卒業される予定です。因みに、来年5月には新天皇即位に伴い、新しい元号となる予定です。もし、その頃芸能界デビューされたら、各メディアで「○○(新元号)の期待の2世タレント登場」なんて騒がれるのではないでしょうか?近い将来、松居直美のブログ画像での《顔出し》を期待したいところです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ