内田真礼(声優)グラビア画像!かわいい写真や足【写真集・ヤングジャンプ】

声優界の入れ替わりも激しいですが、いまイチオシともいえる人気を誇っているのが「まれいたそ」こと内田真礼です。そんな内田真礼は声優としてもかわいい声が人気ですが、かわいい容姿もグラビアで注目されています。そんな内田真礼のグラビア画像を紹介します。

目次

  1. 声優の内田真礼のグラビア画像がかわいい
  2. 現在の声優はグラビア写真が当たり前に
  3. 内田真礼は歌手やグラビアとしても活躍している
  4. 内田真礼は自分の活動の伸びに悩むことも
  5. 内田真礼のグラビア写真で気になる足
  6. 今後の内田真礼のグラビアが楽しみ

声優の内田真礼のグラビア画像がかわいい

現在の声優業界はその実力派もちろん、かわいい容姿もポイントになっています。アイドル声優と言われるジャンルもあり、声優以外に歌を歌ったり、グラビア画像に挑戦することもあります。

ヤングジャンプなど、さまざまな雑誌でそういった声優の写真を見かける機会も増えてきました。

今回はそんな声優のなかで「まれいたそ」などのニックネームで人気な内田真礼について紹介します。内田真礼もヤングジャンプを始め、さまざな場面でグラビア画像などに挑戦しているんです。

現在の声優はグラビア写真が当たり前に

近年の声優もかわいいことも重要になっているのはとても大変な気がしますが、それだけにグラビアに挑戦している声優の写真はやはりかわいいという評判が多いですね。

内田真礼はそんなかわいいと写真が話題んいなる声優ですが、その経歴も確認していきましょう。

内田真礼は1989年12月27日生まれの28歳です。東京都出身でニックネームとしては「まややん」や「まれいちゃん」というものがあります。

内田真礼の読み方は「うちだまあや」

内田真礼は名前の読み方は「うちだまあや」なのですが、その響きの良さから「うちだまれい」と言われることが多く、そういったことからニックネームが「まれいたそ」と呼ばれることも多くなっています。

内田真礼本人は、自分の名前をちゃんと「うちだまあや」と読まれることも望んでいるようですが、もともと声優の先輩に坂本真綾(さかもとまあや)」という人気声優がいることも含めて、ファンの中では、呼び方の区別をつけたいという思いもあるようです。

また、声優の内田雄馬も声優として活動しているそうです。もともと、内田真礼の家族は一家揃ってのゲーム好きだったようで、弟も13のときにプレイした「サクラ大戦」がきっかけで声優を目指そうと考えたそうです。

かわいい画像の多い内田真礼のきっかけ

内田真礼の場合は、声優を目指すきっかけとなったのは、幼少期に見ていた「忍たま乱太郎」やゲーム「ファイナルファンタジーVII」がきっかけになったようで、アニメやゲームに魅力を感じたそうです。

また、歴史が好きな教科でもあったことから、日本文化を伝えたいという思いもあったそうです。そんな内田真礼ですが、中学生のころになると舞妓になりたいという夢も抱いたそうですが、こちらに関しては両親を説得することができなかったそうです。

そういった中で、内田真礼は自分が昔から好きだったゲームのキャラクターを演じたいという思いと、演技で誰かに希望を届けたいという思いから、声優を目指すことになります。

高校3年生の秋ごろまでは声優だけを目指して進むか、大学に進学するかということも悩んでいたそうですね。声優を諦めた場合は、ゲーム会社のスクウェア・エニックスに就職したいという夢もあったようです。

声優学校に入学した内田真礼

内田真礼は2008年に日本ナレーション演技研究所に入所しており、2009年に研修科在籍中にOVA「ぼく、オタリーマン」で声優デビューを果たしています。

ただし、当時の内田真礼は中学・高校と演劇部に入っていたことから、声や芝居の基礎はできているという自身から基礎科を飛ばして入所したそうです。しかし、本人は後になってちゃんと基礎科からやればよかったと後悔もしているようです。

そして、2010年にアイムエンタープライズ所属となり、2011年発売のゲーム「ぎゃる☆がん」でテレビゲーム出演も果たしています。その後、2012年にテレビアニメ「さんかれあ」で散華礼弥役で初主演を経験しています。

また、同時期に特撮テレビドラマ「非公認戦隊アキバレンジャー」で葉加瀬博世役で実写女優デビューを果たしていますが、このころから後述するような、内田真礼の足に関してのネタも話題になっていたようです。

内田真礼の代表作品

内田真礼の声優としての出世作は2012年に放送されたテレビアニメ「中二病でも恋がしたい!」の主役の小鳥遊六花役でした。

2014年3月1日には第8回声優アワード新人女優賞を受賞しており、内田真礼の声優としての知名度が広まった年にもなっています。

その後も、「ガッチャマンクラウズ」や「アオハライド」、「ビビッドレッド・オペレーション」など、多くの主演作品があり、アニメのメインキャストとして出演することが多くなっています。

内田真礼は歌手やグラビアとしても活躍している

内田真礼は、2014年4月23日にテレビアニメ「悪魔のリドル」でオープニングテーマ「創傷イノセンス」で歌手デビューを果たしています。

この歌手としての活動はかなり内田真礼を苦労させたようで、レコーディングは当初は1回のみで行われる予定だったのが、一度取り終えた一週間後に改めてレコーディングが行われています。

楽曲は、疾走感のあるかっこいいものになっており、内田真礼の小悪魔性や少女性も反映されたものになっています。そのため、PVも内田真礼がティアラに小悪魔的な黒い衣装を着た「こあくまあや」と、白い衣装を着て檻に閉じ込められた「イノセンスまあや」が交互に登場するものになっています。

内田真礼はヤングジャンプでグラビアデビュー

内田真礼が本格的なグラビアに挑戦したのは2014年9月11日発売の「週刊ヤングジャンプ」でした。内田真礼は、表紙と巻頭のグラビアを務めており、齟齬も2014年12月11日発売のヤングジャンプでもグラビアを務めています。

ヤングジャンプでグラビアを務めた後は、2014年12月24日に初の写真集「内田真礼ファースト写真集「まあや」」を発売しています。

このように内田真礼は、ヤングジャンプなどの雑誌を始め、様々な媒体でグラビアに挑戦しているんです。声優という職業と同時に、そのかわいいルックスがグラビアで有名になり、新たなファンを獲得するきっかけにもなっています。

内田真礼は声優としてグラビアのこだわりも強い

内田真礼は、活動の姿勢としての最大のテーマに「日本文化の魅力を発信し続ける」というものを持っているそうです。

声優として、毎年のテーマに連続性をもたせた上で、自分の目標を設定しているようで、2015年「地に足を付けて頑張る」、2016年「さらなる花を咲かせる」、2017年「今までやってきたことをさらに開花させて実を付ける」など、様々なテーマを掲げて活動しているそうです。

そういった目標を叶えようという気持ちが、2016年に行われたソロ歌手としての初ライブであり、現在もそのソロライブの内容に関してはかなりこだわりが強いものになっているようです。

また、声優としての活動だけなく歌手やグラビアの活動も行っていることは、自分を使って作品を作ってもらうことで、より素敵な世界が広がるという考えを持っているようです。

とはいえ、あくまで自分の本職は声優であることを強く意識しており、お芝居をすることが自分の最も好きな仕事と考えているようです。

内田真礼は自分の活動の伸びに悩むことも

声優としてメインや主役級の役柄も多く、ヤングジャンプなどのグラビアでも可愛い画像が注目されている内田真礼ですが、2016年ごろには自分の活動の伸びに悩んだことがあったようです。

同年2月にワンマンライブを行ったものの、その後は日本であまりライブがなかったこともあり、新曲も出せなかったたことから、セットリストを組むときもいろいろと工夫するのに悩むこともあったようです。

そういった時期を経て、2017年1月にミニアルバム「Drive-in Theater」では、今までの明かせなかった素顔の自分を表現したいという思いから、様々な内田真礼の趣味や志向などがこめられた作品が発表されています。

特に、内田真礼の趣味であるプロ野球観戦(本人はソフトバンクホークスのファン)が反映されて、お祭り的な雰囲気のある楽曲「クロスファイア」や、和のテイストが含まれた「モラトリアムダンスフロア」など、内田真礼という人物を知るのに最適な作品がリリースされています。

2018年も精力的にライブ活動が行われており、2016年時期の壁を乗り越えたことが、現在の内田真礼の活動につながっていると言えそうですね。

内田真礼のグラビア写真で気になる足

内田真礼といえば、グラビア写真でかわいい画像が有名ですが、内田真礼のグラビアに関しては「足」という、ちょっと禁句的なポイントがあるようです。

というのも、グラビア写真ではうまく撮影してくれていることから、ある程度はごまかせているんですが、内田真礼のウィークポイントとして、いわゆる「短足」というのが問題になっているんです。

内田真礼のファンは、そんなグラビアなどの内田真礼の短足を愛情を込めて「世界一かわいい短足」などとネタにしているようで、ネットでもグラビアでの内田真礼の足が短いことはネタとして扱われることが多いようです。

また、グラビア写真などによっては、足が短いだけでなく、足が太いという指摘もあるようなんです。

女の子のよっては学生時代の所属していた部活のせいで、足が太いままという人も多いようですが、内田真礼の場合は学生時代は演劇部なので、ちょっとその点からは外れるといえます。

特に過去に出演した動画では、その内田真礼の短足ぶりが指摘されており、ファンにとっては、それも一つの魅力という風に前向きに捉えているようですね。

ヤングジャンプ前からグラビア活動をしていた?

ヤングジャンプなどのグラビア画像が人気の内田真礼ですが、実はヤングジャンプなどでグラビアを披露する前から、素人として個人撮影で活動していたときの画像があることで有名なんです。

個人撮影というのは、モデル事務所などに所属していない素人でも、スタジオなどを借りることで、アマチュアカメラマンに画像を撮影してもらう活動のことなんです。

最近で言えば、よくコスプレイヤーなどがこういった個人撮影のようなシステムを使って画像を撮影してもらって、自分の画像を広めてもらうことも多いようですね。

グラビアに挑戦するまえの下積み時代かも

個人撮影というのもピンキリなようで、普通の撮影会のようなものもあれば、ラブホテルのような場所で1対1でやらしい写真を撮影するパターンもあるよで、いろいろと噂はあるようです。

ギャラが良い場合も多く、モデルとして活動するきっかけにする人も多く、決してやましい活動であるわけではないのですが、どうしてもその個人撮影という響きから、あまり良い風に想像しない人も多いようです。

内田真礼の場合も、水着を始め、コスプレチックなものも挑戦しており、実際に当時撮影した人のグラビアレポートなども残っており、このことが発覚したときは、いわゆるお祭り的な話題になりました。

グラビア画像を見ればわかるように、決して後ろめたいものではなく、時期的に声優の活動を始める前後だと言われているようです。水着グラビア画像などもありますが、際どい水着グラビア画像があるわけでもなく、普通のグラビア画像と大きく変わらないといえますね。

また、ヤングジャンプなどでも水着グラビアには挑戦しているので、あくまで素人時代のお宝画像的な存在といえますね。ちなみに、この個人撮影時代のグラビア画像が発覚したときも、水着画像自体に驚くよりも、グラビアでの短足ぶりに驚くファンの方が多かったようです。

今後の内田真礼のグラビアが楽しみ

そんな過去もあった内田真礼ですが、現在の活動についても触れてみましょう。内田真礼はアルバムの部分でも触れたように、野球観戦が好きで、実家の祖父と見に行っていたことがきっかけだったようです。

そして、福岡ソフトバンクホークスのファンになり、現在では「鷹の祭典」などでレポーターを務めており、福岡でライブをした際には、ソフトバンクホークスのユニフォームを着て球団歌「いざゆけ若鷹軍団」を歌うなど、公私ともに活動に関わっている存在担っています。

また、所ジョージのライフスタイルに憧れており、可愛い服も好きだけど、白いTシャツや緑のカーディガン、集めのG-SHOCKを身につけることもあり、ラフな格好をすることも多いのだとか。

2018年6月25日に初となるワンマンツアーを行っており、4月25日に発売した2ndアルバム「Magic Hour」の楽曲を中心にライブが行われたようです。

今年も雑誌グラビアを期待したい

また、ライブの中では2018年秋に放送が予定されているテレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のエンディングテーマを担当することも明かされ、シングルの発売も決定していることが明かされました。

もちろん、ファンクラブ限定のライブが行われることなど、多くの今後の予定が発表され、2018年の内田真礼の活動も非常に魅力的なものになりそうですね。

今後も内田真礼のグラビア活動が行われる可能性は十分にあり、週刊誌などのグラビアを始め、声優雑誌のグラビアも楽しめそうですよね。過去のグラビア画像も素敵ですが、さらにきれいにかわいくなっている内田真礼の最新のグラビア画像も楽しみにしたいところです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ