加藤茶の現在2018年は!見かけない消えたのは病気が理由?離婚の噂は

ドリフターズのメンバーであり、お笑い芸人として大ベテランの加藤茶。そんな加藤茶の現在はどのような生活なのでしょうか。現在の加藤茶をあまり見かけないという意見もあるようです。そんな加藤茶には現在病気が原因という噂もあるようですが、最新の加藤茶の情報をまとめました

目次

  1. あの加藤茶が現在あまり見かけない理由とは
  2. 加藤茶が所属したザ・ドリフターズとは
  3. 現在も加藤茶のザ・ドリフターズは伝説級
  4. 全員集合後からの現在の加藤茶
  5. 加藤茶は現在の妻との前に結婚をしていた
  6. 加藤茶は病気を乗り越えた後に45歳年の差妻と結婚
  7. 最近見かけない加藤茶の画像と理由

あの加藤茶が現在あまり見かけない理由とは

加藤茶といえば、・ドリフターズのメンバーであり、お笑い芸人としても大ベテランの人物です。しかし、そんな加藤茶を最近見かけないという意見も多いようです。

そんな最新の加藤茶の情報を追っていくと、加藤茶がどうやら病気ということが理由で、あまりテレビで見かけないようになってしまっているという話があるようです。

そんな最新の加藤茶の情報や結婚した妻との関係、また過去に離婚している元妻との情報など、様々な情報をまとめてみました。現在の嫁とも度々、離婚の噂が出ているようですが、実際に離婚する可能性はあるのでしょうか。

現在も語り継がれる加藤茶とザ・ドリフターズ

加藤茶は1943年3月1日生まれの現在75歳です。ザ・ドリフターズのメンバーであり、メインではドラムを担当していました。また、お笑い芸人として「カトちゃんペッ」など多くのギャグも生み出しています。

加藤茶は東京府東京市世田谷区生まれで、5歳の夏に1ヶ月だけ、母親の実家の愛媛県新居浜市で暮らしていたそうです。

加藤茶の父親である平八郎はギタリストだったそうですが、父親は晩年に癌を患っており、母親や妹と共に、父親の郷里である福島県福島市に転居し、高校卒業までは福島で育ったそうです。

加藤茶の父親は1955年にその癌が原因で亡くなっており、学校法人松韻学園福島高等学校を卒業後に、1961年に叔母を頼って上京しています。

トロンボーン奏者を目指して、スターダスターズのバンドボーイをしていたそうですが、ある日に手当の100円をマネージャーに催促したところ、マネージャーに100円を投げつけられてしまったそうです。そして、そのことが原因でケンカして、クビになってしまったそうです。

現在も加藤茶のドラマーの腕前がスゴい

その後の加藤茶は、先輩から捨てておくように言われたドラムスティックを使ってドラムの練習を初めて、ドラマーとしてクレージーウエストのメンバーになっています。このときに、後にザ・ドリフターズとして一緒に活動する仲本工事に出会っているんです。

1962年にはいかりや長介と同時期に「櫻井輝夫とザ・ドリフターズ」にメンバー入をしています。

この動画は2006年ごろに番組に出演したときの加藤茶のドラムの演奏ですが、その腕前は非常にうまいのがわかりますよね。いまだに加藤茶の仕事は、副業がお笑い芸人で本職がドラマーと評されるほどなんです。

ザ・ドリフターズとしては、その音楽のリズム感の良さがお笑いにも活かされており、「全員集合」などにおいても、歌手の西城秀樹とドラム対決をするなど、様々な場面でその腕前を披露しています。

加藤茶が所属したザ・ドリフターズとは

現在のザ・ドリフターズというとお笑いコント集団というイメージがあるかもしれませんが、実際はもともとバンドであり、大御所ミュージシャンが所属した本格的なバンドでした。

初代のリーダーはいかりや長介ではなく、岸部清という人物で、東京ウエスタンボーイズというバンドの出身の人物です。その後、櫻井輝夫が二代目リーダーとなり、ロカビリーロックバンドからコミックバンドに転換させ、いかりや長介などを引き抜いて新しい形に変化します。

そして、1964年に正式にいかりや長介が三代目のリーダーになっており、ドリフターズの管理を渡辺プロダクションに譲渡し脱退しています。

このように、もともとはマウンテンボーイズと東京ウエスタンボーイズが合併して結成された、クレイジーキャッツに後輩にあたるバンドなんです。そして、元のメンバーたちが脱退などを行っていくなかで、いかりや長介や荒井注、高木ブー、仲本工事が加入し、少しずつ音楽ネタを取り入れたバンドになります。

そして、その最初期にはあの「上を向いて歩こう」でお馴染みの坂本九なども居たというのは驚きですよね。また、小野ヤスシなども参加していたのですが、いかりや長介とは反りが合わずに、メンバー4人を引き連れて脱退するなど、波乱万丈ないかりや長介世代のスタートだったんです。

メンバーとしてはいかりや長介と加藤茶が最古参で、志村けんが荒井注が脱退したことで研究生として参加しているなど、その歴史を振り返るだけでも、様々なエピソードが存在しますね。

現在も加藤茶のザ・ドリフターズは伝説級

1964年になると、ドリフターズの初のレギュラー番組である「ホイホイミュージックスクール」が開始され、この中で、あの加藤茶の「カトちゃんペッ」が生まれることになるんです。

このカトちゃんペッは、当時の付け髭のノリが剥がれやすかったことから、度々2本指で押さえていたのが、ギャグの生まれるきっかけになったそうです。

また、1964年にはもともとのメンバーの脱退などがあるなかで、いかりや長介と一緒に残って、現在のザ・ドリフターズの原型を作り出しています。

また、それまで本名である「加藤英文」で活動していたようですが、渡辺プロダクションの先輩であるハナ肇から、芸事は水に関係がある芸名にするほうが良いというアドバイスと、皆から「加トちゃん」と呼ばれていたことから、現在の「加藤茶」になったそうです。

家族皆で見ていた「8時だョ!全員集合」

1969年に「8時だョ!全員集合」の放送が始まると、加藤茶は様々な一発芸をヒットさせて、1970年ごろになると子供たちのカリスマ的な存在になりました。

コントの中では、社会や人間関係の縮図をデフォルメしたものを担当することが多く、いつも損する人やイジメられ役など、いわゆる道化的な存在が多かったことも特徴です。

また、毎週たった一度だけ「タブー」という曲に合わせて踊る「ちょっどだけよ」は大ブレイクしたギャグであり、いまだにこの音楽が流れると、加藤茶のマネをするというのは、お笑い界の鉄板になっています。

その後は、志村けんが参加し(志村けんは当初はまったく人気出なかったが)、次第にブレイクしたことから、コンビのような形で加藤茶と笑いを生み出す存在となり、後に「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」などにつながっていくことになります。

全員集合後からの現在の加藤茶

カトちゃんケンちゃんごきげんテレビが終了すると、単独でバラエティ番組に出演するだけでなく、俳優業にも進出しました。

主演ドラマ「パパと呼ばせて!」や、映画「アパートの鍵貸します」では、渋い独身中年男を公演しており、NHK「武蔵坊弁慶」では、非常にシリアスな役も演じています。

また「加トちゃんBAND」や「こぶ茶バンド」などを率いて、本来のミュージシャンとしての活動も行っていました。

その後も「はぐれ刑事純情派」では鑑識官役を演じています。今まで警察はコントで演じるだけだったものが、本格的なドラマで演じることになり、加藤茶にも恥ずかしさはあったようですね。

加藤茶は現在の妻との前に結婚をしていた

加藤茶は1987年11月に18歳年下の女性と結婚しており、その披露宴の模様は「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」内で録画中継もされているんです。

芸能人の結婚披露宴中継としては、郷ひろみ、森進一、渡辺徹に継ぐ、歴代4位となる36.3%という記録を残していることからも、加藤茶の現在までの人気の高さを伺わせるものになっています。

当時の妻は、きもの学院の講師をしていた鈴子という人物のようで、前妻のときから若い女性が好きだったということもわかるのが面白いですよね。

最初の妻とは現在すでに離婚している

そして、16年間の結婚生活を経て、2003年3月に熟年離婚となっています。離婚原因については、加藤茶の度重なる若い女性との浮気が原因だったとも言われています。

ただし、当時病気のため闘病中だったいかりや長介には、心配をかけたくないからという理由で、離婚の公表をずっと控えていたそうですね。

離婚してからは、家に帰っても誰も居ないことをネタにするなど、明るく振る舞っていたものの、やはり長年連れ添った妻が居なくなったことは寂しかったようです。

そんな加藤茶は2006年に「Standard A型大動脈解離」という大きな病を患っています。10時間以上に及ぶ大手術を行い、リハビリなどを経て、現在は無事仕事に復帰しています。

この病気療養中をずっと支えて看病してくれたのが、なんと元妻だったんです。離婚しても病気になった加藤茶を支えてくれた元妻の存在は大きなニュースにもなりました。

離婚後も看病をしてくれた元妻だったが

このように病気の加藤茶を支えてくれるなど、離婚後も元妻との関係は良かったようです。しかし、加藤茶は2012年に元妻に裁判を起こされてしまっているんです。

この原因は、加藤茶が離婚の際に取り決めた、慰謝料と養育費は別に、生活費も支払うという条件の中で、養育費などのお金が次第に滞るようになったらしいんです。

そして、その原因が、あの加藤茶の新しい妻の存在だったと言われているんです。最低限は加藤茶の一番下の子供が成人するまで支払うという約束だったようですが、その約束が新しい妻ができたことで反故されてしまったというわけなんです。

加藤茶は病気を乗り越えた後に45歳年の差妻と結婚

加藤茶は2011年に当時68歳で、なんと自分の長女と同年代の23歳の女性と再婚しているんです。この年の差が45歳ということから、大きな話題になり、最初は45歳の女性と結婚したと思われるほどのニュースになったんです。

当初はその妻の画像が公開されることはなかったものの、2012年3月1日に、埼玉県越谷市の結婚式場「ベルヴィ ギャザホール ザ・シーン」で行われた結婚式&披露宴で、初めてその妻の姿が明らかにされました。

その後は、夫婦でテレビ出演することも増え、2012年12月に加藤茶の妻である加藤綾菜の名前で、自身がプロデュースするアクセサリー類の通販サイト「P.E.」も立ち上げられています。

最新の画像も含め様々な噂に

言うまでもなくこの結婚は、新しい妻による「財産目的」の結婚だとすぐに言われるようになりました。前妻のときも、かなり年下だった妻と結婚した加藤茶ですが、まさかのそれを大きく上回る年下との結婚になったわけです。

そういった世間の噂を気にしてか、加藤茶は結婚したことから、お金はほどんとないというようなアピールをするようになり、その後に、先程の前妻に対する養育費の支払いが滞るようになったんです。

絶頂期の加藤茶は年収が14億円もあったと言われており、現在は当時ほどではないにしろ、その年収は相当なものだと言われています。

とはいえ、元から賭け事が好きだった加藤茶は、前妻と離婚することになり、かなりヤケクソ気味に散財をしたようで、当時持っていたお金はかなり減ったとは言われています。

それでも、最新の年収では、パチンコ営業などの関係で、年収は800万ぐらいは余裕であると言われており、最新の年収でも十分すぎるぐらいですよね。

最近見かけない加藤茶の画像と理由

そんな加藤茶は最新の情報では、あまりテレビで見かけないという言葉が増えています。最新の画像もどこか元気がない姿が多く、若い妻に合わせて生活していることの無理がたたったという理由も噂されていました。

最新の画像などで心配されていた加藤茶が、テレビで見かけない理由には、2014年に「パーキンソン症候群」と診断されたことが大きな理由だったようです。

パーキンソン症候群といえば、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマイケル・J・フォックスが同じ病で、現在は車椅子に座っている画像などを見て知っている人も多いですが、体が硬直したり、震えたりする重度な病なんです。

加藤茶がこ病気になった理由は、以前の解離性大動脈瘤のために飲んでいた薬のうちの一つが体に合わなかったことが理由だと言われています。そして、点滴などで薬を体外に排出させていくことで、現在は症状が改善されたそうです。

現在の画像やテレビで見かけない理由は新しい病気だった

このことが、最新の情報で加藤茶をテレビで見かけないとか、画像で元気がないと言われていた理由のようです。テレビで見かけないないのは、別の闘病生活が理由だったわけです。

また、画像やテレビで見かけないもう一つの理由は、そういった病気から体重がかなり落ちてしまったそうで、体を動かすことに支障が出てしまっていたそうです。最新の情報では、病気や体重も改善されて元気に生活しているそうです。

最新の情報としては、俳優の左とん平が亡くなった際に、弔辞を読んでおり、その場でジョークを飛ばすなど画像でも元気な姿が確認できたようです。

一時期は、認知症などの病気の疑いなどもあったようですが、前述の薬を改善したことから、最新の加藤茶は以前のようにハキハキとした喋り方に戻っているようです。

仕事では、先程の営業関係の仕事や、地方のイベント、またドキドキドラマに出ているようです。画像を見ると、ちょっとおじいちゃんになっていますが、年齢も75歳なので、かつての元気な画像のイメージが強すぎるだけかもしれませんね。

相変わらず妻に関しての噂はいろいろとあるようですが、これからも画像を始め、加藤茶がこれからも元気に活動してくれることを願いたいところです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ