日大アメフト部の新監督に橋詰功が内定!経歴や家族構成など人物像は?

大きな社会問題となっている「日大アメフト部」の問題。その日大アメフト部も新しいスタートを切るために新監督の選定が進んでいました。そして、ついに日大アメフト部の新監督に橋詰功が内定したそうです。公募で選ばれた橋詰功の経歴と画像を紹介します。

目次

  1. 日大アメフト部の新監督に橋爪功監督が内定
  2. 新監督である橋詰功はタックル問題を乗り越えられるか
  3. 日大アメフト部のタックル画像は検証が続けられた
  4. 日大アメフト部新監督の橋詰功はどうなるのか
  5. 公募から選ばれた新監督の手腕に注目

日大アメフト部の新監督に橋爪功監督が内定

社会的問題になっている「日大アメフト部」のタックル問題。そんな日大アメフト部はリーグ戦の再開に合わせて、新体制に入ろうとしています。その中でもっとも重要なのが内田前監督に変わる新監督の存在です。

今回、内田前監督に変わって新監督として内定しているのが橋詰功です。社会的問題になっているだけに、橋詰功も新監督を務めるとなれば、その道程は簡単なものではありません。日大OBを対象外とした公募から選ばれただけに、橋詰功の経歴も注目してみましょう。

新監督に内定した橋詰功とは

日大アメフト部の新監督に内定している橋詰功は、現在54歳で元立命館大学のコーチを務めていました。この橋詰功の新監督内定には、外部有識者7人で構成された選考委員会が、日大OBを対象外として公募した日大アメフト部の監督希望者の中から選ばれた結果になります。

今後、2018年7月17日の常務理事階で承認後、現在の橋詰功の所属先との手続きを経て正式に日大アメフト部の新監督となります。選考委員会が橋詰功を選んだ理由には、大学や高校での実績と、教育的な指導もできる点を高く評価したと言われています。また、橋詰功の内定は満場一致で決められたそうです。

橋詰功以外の候補者には、元京大監督の水野弥一も名前に挙がっており、数日前までは水野弥一が監督に内定するという話が多かったようです。また、橋詰功以外の日大アメフト部のコーチ陣はまだ決まっておらず、コーチ陣に関しては改めて後日決めることになっているようです。

日大アメフト部は秋のリーグ戦に復帰するため、橋詰功を新監督に選考した理由などを盛り込んだチーム再建報告書を2018年7月17日に提出する期限になっており、その期限ぎりぎりの当日に橋詰功の名前が明かされたという形になりました。

橋詰功以外に名前が出ていた水野弥一以外に、外国人を7名を含む69人から応募があったと言われており、それぞれ監督とコーチのどちらに応募したかまでは不明ですが、監督に選ばれなかった人物がコーチとして名前が挙がる可能性もあります。

日大アメフト部としては、チームを抜本的な部分から改革できる高い能力が必要であり、また、タックル問題が起きた根本的な倫理的な問題もクリアできる人物であるというのが最低限の条件だったといえます。書類選考や面接で候補者を絞ったと言われており、橋詰功の手腕が問われることになります。

新監督である橋詰功はタックル問題を乗り越えられるか

では、今回問題になっている「日大アメフト部タックル問題」とはどのようなものなのでしょう。これは2018年5月6日に日本大学と関西学院大学の定期戦において起きた問題です。

日大アメフト部の守備選手が関西学院大学のクオーターバックに対して悪質なタックルを行い、全治3週間の怪我を負わせたというのが問題になっています。また、この選手は反則プレーと思われる行為をその後2回行っており、当初は怪我を負わせた選手が大きな問題になりSNSで拡散されていました。

そして、SNSで拡散されたこのタックル問題がテレビでも取り上げられるようになり、悪質タックルが問題として取り上げられました。しかし、次第にこのタックルは当該選手が監督やコーチの指示によって行われたのでは?ということが問題になり、日大アメフト部の監督である内田正人監督に注目が移りました。

悪質タックルは日大アメフト部の内田正人監督の指示であると認定

関西学院大学は悪質タックル問題に対しての抗議文を日大と日大アメフト部側に送り、関西学院大学は5月17日に会見を行いました。その中では、日大の回答書を公表したのですが、そこには意図的に乱暴行為を行うように指示したわけではないということが記されていることが明かされたのです。、

日大アメフト部は指導と選手の受け取り方に乖離が起きたと説明しており、日大アメフト部の内田正人監督の指示であったことを否定したのです、しかし、その後に当該選手が会見を開いて、内田正人やコーチから追い込まれて、反則行為を行うように指示されたことを明かしたのです。

当該選手は未成年でありながら実名で登場して顔も公開したまま会見を行ったことから、多くの人間が当該選手の説明は信憑性があると判断することになりました。同時に、SNSで拡散されていたタックルシーンが何度もテレビ番組などで放送され、そのタックルの危険性と同時に、内田正人監督の動きの検証が行われました。

日大アメフト部のタックル画像は検証が続けられた

また、内田正人監督と井上奨コーチが記者会見を行うものの、その内容はあまりにも保身に走っており、当該選手の堂々とした記者会見に対して、確信に迫ることには言及しないなど不誠実な記者会見となりました。

そのようなテレビの報道と並行して写真週刊誌「週刊文春」が、試合直後と思われる記者たちのインタビューにおいて、内田正人監督がタックルを指示したと思われる発言を行っていることがスクープされました。

日大アメフト部当該選手が試合に出るために、関西学院大学のクオーターバックを壊すように指示した可能性はさらに高くなったわけです。

その後も、日大の学長が会見を行いますが、学長の会見も日大の逃げの姿勢をさらに加速せるものであり、次第に日大における理事長の権力の強さと内田正人監督が監督としてだけでなく、日大の様々な要職に携わっていることが発覚しました。

内田正人監督は辞任したものの

日大の旧態依然としたシステムは大きな話題になり、特に理事長が日大の権力を完全に握っており内田正人監督が理事長のお気に入りの存在であることも発覚しました。現在も理事長は会見を行っておらず、まったく責任を取る姿勢も見せないなど、日大の問題はまったく終わっていないといえます。

内田正人監督は監督を辞任しており、日大における役職もほとんど辞任や解任されるという形になりました。また、井上コーチを始め複数のコーチが辞任するなど、チームとしては血の入れ替えが行われようとしています。

しかし、依然としてもっとも権力のある理事長が辞めていないこと、またその理事長が半年ほどしたら内田正人を監督や役職に戻すことを示唆するなど、日大アメフト部の問題は日本大学本体を巻き込み大きな問題として注目されています。

日大アメフト部新監督の橋詰功はどうなるのか

様々な画像や動画、そして多くのインタビューが話題となった悪質タックル問題。その中で新監督を選び出すというのは非常に重要なポイントでした。

公募から新監督になった橋詰功は立命館大のOBで1994年に大学コーチに就任しています。また、アメリカのオクラホマ大学にコーチ留学も経験しています。帰国後はショットガン隊形からのランを攻撃として導入しています。

2003年と2004年に日本選手権2連覇に貢献しており、2008年から京都・立命館宇治高を指導しており、2014年から現在まで滋賀・立命館守山高のコーチを務めています。現在54歳というだけに監督としては若い世代に当たります。

今後も橋詰功の詳しい経歴などが紹介される可能性はあり、コーチとしての経験は十分だといえます。大学ではなく高校での指導がメインとなっており、そういった点も日大を含めて大学とは関係ない世界から選びたかったという意図もあったのでしょうか?

公募で選ばれた橋詰功は、画像は限られていますが若々しく、誠実そうでスポーツマンタイプの顔つきが画像で確認出来ましたよね。選手たちと一緒になってチーム力を高めて、意思疎通と相互理解ができるチーム作りが行えそうな人物ではあります。

公募から選ばれた新監督の手腕に注目

日大アメフト部の新監督となった橋詰功の画像はまだまだ少なく、そのプライベートな部分も既婚者であることぐらいしかわかっていないようです。ただ、立命館大のコーチとしても人望があったようで、選手たちからは憧れの人物として尊敬されていたようです。

タックル問題の画像などが公開されたときに、ほとんど肯定的な意見が出なかった内田正人前監督とは大きく違う人物ですよね。日大アメフト部の選手の受け取り方に乖離があったと釈明した内田正人前監督の時代とは大きく変わることができるのかが気になるところです。

気になるのは公募で選ばれた日大アメフト部新監督だけでなく、日大アメフト部コーチ陣がどうなるかというところですよね。橋詰功同様、新コーチ陣の画像はまったく不明になっており、こちらも公募で選ばれるのかはまだまだわかっていないようです。

まだまだ問題が解決したとはいえない日大アメフト部ですが、リーグ戦の再開に合わせてせめて練習だけは再開したいという声も出ているようです。

実際に日大アメフト部は新監督のもとで、リーグ戦に復帰できるかは不明です。また、日大アメフト部は悪い体質を完全に排除することができるのかが今後の注目のポイントといえそうですね。

その他スポーツ選手に関する記事はこちら

熊切あさ美の歴代彼氏!タレントやスポーツ選手など熱愛遍歴まとめ | Luupy[ルーピー]
加藤悠の目が変?原因はプロレスで眼窩底骨折?画像で真相を調査! | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ