西山喜久恵アナの結婚相手の旦那は!実家は広島の旅館で子供は受験?

フジテレビの人気アナウンサー・西山喜久恵の旦那はフジテレビの社員です。そして子供は名門校を受験したとの噂があります。また西山喜久恵といえば実家が広島では有名な旅館を営んでいることでも有名です。今回は西山喜久恵の経歴やプライベート、実家の噂を紹介します。

目次

  1. 西山喜久恵のプロフィール
  2. 西山喜久恵の結婚相手の旦那はどんな人?
  3. 西山喜久恵の子供は?
  4. 西山喜久恵の実家は?
  5. 西山喜久恵はどんな人?愛される秘訣は?
  6. 西山喜久恵の現在
  7. 西山喜久恵は仕事と育児を両立している!

西山喜久恵のプロフィール

・愛称:キクちゃん
・本名:渡辺喜久恵(わたなべ きくえ)
・生年月日:1969年6月22日
・現在年齢:49歳
・出身地:広島県尾道市
・血液型:AB型
・身長:158㎝
・体重:???
・活動内容:アナウンサー
・所属グループ:フジテレビ
・事務所:フジテレビ
・家族構成:夫、娘

西山喜久恵の経歴

西山喜久恵は広島県福山市のキリスト教系の中高一貫校である福山暁の星女子中学校・高等学校を卒業後、1988年に上智大学文学部英文学科に進学。在学中の1990年には、上智大学のミスコン「ミス・ソフィア」でグランプリを獲得しました。「ミス・ソフィア」はアナウンサーやタレントへの登竜門とも言われています。

ニュースキャスターの安藤優子やフジテレビアナウンサーの島田彩夏、TBSアナウンサーの出水麻衣、元テレビ東京アナウンサーで現在はフリーアナウンサーの大橋未歩なども「ミス・ソフィア」出身者です。また、西山喜久恵は大学時代モダンダンスサークルに所属していましたが、お笑いサークルにも所属しており、そこには当時千葉大学に在学していたオアシズの大久保佳代子もいたそうです。

西山喜久恵は上智大学卒業後の1992年にフジテレビに入社します。同期アナは福原直英と小島奈津子です。他局では元日本テレビアナウンサーで現フリーアナウンサーの松本志のぶ、大神いずみやNHKの小野文惠などが同期となります。フリーになるアナウンサーもいる中、西山喜久恵は現在入社27年目のベテランアナとして活躍しています。

西山喜久恵は入社直後の7月から「FNNスーパータイム」のお天気キャスターを務め、10月からは「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサー、バラエティ番組「週刊スタミナ天国」「新しい波」の進行役を務めるなど、新人アナながら大活躍をみせました。

その後も「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサー、「笑っていいとも!増刊号・特大号」の進行のほか、「SMAP×SMAP」「プロ野球ニュース」「タモリの超ボキャブラ天国」など、フジテレビの名物番組のアシスタントを担当。フジテレビを代表する女子アナとして現在まで活躍しています。

西山喜久恵の結婚相手の旦那はどんな人?

フジテレビ同期入社のディレクターと結婚

西山喜久恵は1997年にフジテレビの同期でディレクターの渡辺俊介と結婚しました。フジテレビを代表するアイドル女子アナだった西山喜久恵ですが、タレントやスポーツ選手ではなく社内恋愛での結婚となりました。旦那の渡辺俊介との馴れ初めはどのようなものだったのか、また旦那の渡辺俊介とはいったいどのような人物なのか気になりますね。

西山喜久恵との馴れ初めは

西山喜久恵と旦那の渡辺俊介の馴れ初めについて、西山喜久恵が司会、渡辺俊介がディレクターを務めた情報番組「どうーなってるの?!」がきっかけではないかという説もあります。しかし西山喜久恵が司会になったのは二人が結婚後の1999年のことですので正しい馴れ初めはわかりませんでした。同期としての付き合いが交際に発展したということではないでしょうか。

音楽番組やバラエティ番組で活躍する有名ディレクター

西山喜久恵の旦那である渡辺俊介はフジテレビの音楽番組やバラエティ番組を担当する敏腕ディレクターとして活躍。ディレクターやプロデューサーとして手がけた番組は「ライオンのごきげんよう」「情報プレゼンター とくダネ!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」「さんまのお笑い向上委員会」など、フジテレビを代表する人気番組ばかりです。

また2002年、2003年の「FNS27時間テレビ みんなのうた」では総合演出を担当したこともあります。旦那である渡辺俊介の現在の役職は編成局制作センター第2制作室主任兼チーフプロデューサー、ゼネラルプロデューサーです。西山喜久恵と旦那の渡辺俊介は夫婦でフジテレビの人気番組を支えてきたと言えます。

西山喜久恵の子供は?

2007年に長女を出産

西山喜久恵は2007年、結婚後10年目にして待望の第一子を妊娠しました。2007年5月11日に出演していた「FNNスーパーニュース」内で妊娠していることを自ら発表し、7月28日放送の「FNS27時間テレビ」に出演後に産休に入りました。その後11月8日に38歳で最初の子供である女児を出産。翌年から復帰し現在に至ります。

名門私立か国立を受験の噂

西山喜久恵は田園調布での目撃情報が多々あります。田園調布に住んでいる子供の多くは国立大学付属の幼稚園、小学校や名門私立の幼稚園、小学校に通っていることから、西山喜久恵の子供も国立や私立の名門を受験したのではないかと推測されています。旦那がフジテレビのエリート社員で自身がアナウンサーということで家柄的には申し分ないと思われますが、子供が実際に受験したかどうかは明らかにされていません。

西山喜久恵の実家は?

広島で老舗旅館「西山別館」を経営

西山喜久恵の実家は広島県尾道市で西山別館という旅館を経営しており、母親が女将を務めています。西山別館は昭和18年創業の現在でも営業している老舗旅館で、尾道を愛した有名人たちに多く利用されてきた歴史あふれる高級旅館です。また、広島を代表する有名な旅館であることから、結婚式や会食でも利用されています。

西山別館は尾道駅から車で8分ほどというアクセスがとてもしやすい場所にあり、しかも瀬戸内海を眺められる客室もあるという立地条件の良さも人気の理由の一つです。豪華な庭園もあり、まさに高級旅館といった佇まいの外観は迫力があります。

建物は昭和18年に建てられたまま改築などもしていないため、古き良き昭和の雰囲気を楽しむことができます。建物として貴重なため、映画の撮影で使われたこともあるそうです。

昭和天皇がお泊りになった宿として有名

西山別館には昭和天皇もお泊まりになったことがあり、由緒正しき高級旅館として全国的に有名です。歴代の総理大臣も愛用したほか、サントリーの「プレミアムモルツ」やソフトバンクのCMでも使用されたことがあります。また、西山喜久恵は以前「プロ野球ニュース」に出演していましたが、1996年12月29日に「プロ野球ニュース」を西山別館から生放送したこともあります。

西山喜久恵はアナウンサーになっていなかったら「旅館の女将かレストラン経営」をしていたと答えています。実家の西山別館を継ぐことも考えていたそうです。また西山喜久恵はフジテレビに採用された際、当時採用担当だった露木茂アナになぜ自分を採用したのか聞いたところ「西山別館にタダで泊まれるから」とジョークを言われたということです。

それはジョークであり、もちろん実力で採用されたとはいえ、それくらい実家の西山別館は有名ということなのです。そんな有名な実家で育った西山喜久恵。全国的に名の知れた実家を持つお嬢様であるわけですが、今までそれをひけらかしたことはないのが好感が持てますね。現在母親が女将を務めていますが、西山喜久恵がアナウンサーを定年退職してから跡を継ぐのかどうか気になるところです。

西山喜久恵はどんな人?愛される秘訣は?

報道もバラエティもこなせるマルチな才能

アナウンサーといえばニュース番組に出演するタイプとバラエティ番組に出演するタイプとがいますが、西山喜久恵は報道もバラエティも両方こなせるフジテレビを代表するアナウンサーです。報道では1996年から1999年には「プロ野球ニュース」のキャスター、2001年から2008年まで「FNNスーパーニュース」でサブキャスターを務めていました。

現在でもBSフジで「BSフジNEWS」を担当。またフジテレビ「みんなのニュース」では芸能コーナー「やくさん・きくさん」に出演しています。一方、西山喜久恵はバラエティ番組でも大活躍してきました。共演してきたタレントはタモリ、とんねるず、ダウンタウン、SMAPなど大物ばかり。西山喜久恵はこれら人気番組・人気タレントたちを持ち前の才能を活かし影で支えながら、ときには自ら笑いを取ることもあります。

入社以来報道でもバラエティ番組でも第一線で活躍し続け、フジテレビを代表する人気番組に数々出演してきた西山喜久恵。フジテレビから評価されていたことはもちろん、共演するタレントたちからも愛されていたからこそ、人気番組を任されてきたのでしょう。

西山喜久恵は自他ともに認める広島カープファン

西山喜久恵は実家が広島であることから、熱狂的な広島カープファンとして知られており、特に1977年から1998年まで広島カープで活躍した大野豊選手のファンだということです。2014年12月18日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」では、パンチパーマのカツラとユニフォームを着用し、大野豊選手とともに広島カープを代表する衣笠祥雄選手のコスプレと物まねを披露していました。

このときのコスプレ姿や物まねは視聴者に大好評でしたが、このようにアナウンサーでありながらお笑いのセンスもありバラエティ番組でタレントと対等に渡り合えるところが西山喜久恵の良さでもあります。西山喜久恵は現在バラエティ番組を中心に活躍する女子アナウンサーたちの元祖でありお手本のような存在であると言えるのではないでしょうか。

いつまでも緊張感を忘れない責任感の強さ

西山喜久恵は2014年3月31日放送の「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」で司会を務めました。右手でマイクを握りながらの進行でしたが、番組冒頭では手が震えてしまい、持っていたマイクも揺れてしまうということがありました。しかし、緊張を感じさせない司会により番組は無事に進行。感動のフィナーレを迎えていました。

2016年1月19日放送の「SMAP×SMAP」はSMAPが解散するという報道後初の放送となりましたが、SMAPからの挨拶の部分が緊急生放送となり、そのときの進行を務めたのも西山喜久恵でした。西山喜久恵は生放送内でSMAPのファンから寄せられた声を読み上げたのですが、ファンの声が書かれた原稿を持つ手が尋常ではないくらい震えており、また珍しく少し噛んでしまう部分も見られました。

それでも、それ以外の声や表情などはいつも通りで淡々と進行をしていく姿に視聴者からは「キクちゃんがかわいそう」といった同情の声や「プロとして素晴らしい」という称賛の声が聞かれました。翌日放送の「直撃LIVEグッディ!」では手が震えた理由を「私の箇所で不体裁があってはならないと思って」と語っていました。

普段はほがらかなキャラな西山喜久恵ですが、大ベテランとなった今でも仕事で緊張してしまうほど責任感が強いということなのです。アナウンサーという仕事に信念やプライドを持っていることがわかります。「SMAP×SMAP」の緊急生放送や「笑っていいとも!」の最終回やという絶対に失敗できない大舞台を務められるアナウンサーは西山喜久恵しかいないのではないかと思わされるエピソードです。

西山喜久恵の現在

年収は部長クラスの噂

西山喜久恵は現在編成制作局アナウンス室副部長という肩書ですが、入社以来フジテレビに貢献し続けてきたことから部長と同等の扱いを受けているとされており、年収は推定1,700万円前後と言われています。ちなみにアナウンス室部長は佐藤里佳です。西山喜久恵は次期アナウンス室部長候補であることは間違いないでしょう。

出産の翌年にテレビ復帰

西山喜久恵は子供を出産した翌年2008年9月29日放送の「スパイスTVどーも☆キニナル!」でアナウンサーに復帰しました。実は子供が病気をしたときに一週間ほど仕事を休んだことで批判を受けたことなどから、一時はフジテレビを退社するか迷った時期があるそうです。しかし西山喜久恵はフジテレビにとってなくてはならない存在ということで辞めずに残った結果、現在の部長クラスまでの出世となったようです。

めざましの「きょうのわんこ」のナレーター

西山喜久恵といえば、多くの人が連想するのが「めざましテレビ」のコーナー「きょうのわんこ」のナレーターでしょう。1994年4月1日の第一回放送以来、現在まで西山喜久恵がナレーターを担当しています。西山喜久恵の産休・育休時のみ、当時のフジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの武田祐子アナが担当していました。

かわいい犬の映像と同じくらい和むのが西山喜久恵のほのぼのとしたナレーションです。朝の慌ただしい時間でも、このコーナーを観るとほっと一息つけるという方も多いのではないでしょうか。DVDが出るほどの人気コーナーであるこの「きょうのわんこ」。西山喜久恵のライフワークとも言えます。今後も長く続くことが期待されます。

西山喜久恵は仕事と育児を両立している!

フジテレビアナウンサー・西山喜久恵の今までの経歴やプライベートについてご紹介しました。西山喜久恵の実家は由緒ある旅館という意外な事実がわかりました。以前実家から放送したことがあるということで、今後も何かの機会に実家がテレビに出ることもあるかもしれません。

また旦那とは離婚説も出ることなくおしどり夫婦として現在も仲が良いようです。そして、子供についても結婚10年でできた子供ということで大切に育てているということもわかりました。一時は子供のためにフジテレビを辞めようかと悩んでいたということですが、旦那の協力もあるのか現在でも活躍する姿を視聴者に見せ続けてくれています。これからも仕事と育児を両立させて頑張っていってほしいですね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ