AKB48竹内美宥が選抜総選挙に立候補?炎上・干された理由や卒業情報も

長らく人気アイドルグループとして君臨しているAKB48。今回はその音楽の才能を活かして活動している竹内美宥に注目です。竹内美宥はなぜか炎上や選抜総選挙に関する話題が尽きないようです。竹内美宥が久しぶりに立候補した理由や炎上の理由を調査しました。

目次

  1. AKB48の竹内美宥が選抜総選挙に立候補で炎上!?
  2. 竹内美宥のプロフィール
  3. 竹内美宥がAKB48に入ったきっかけ
  4. チーム4としての竹内美宥の活躍
  5. 竹内美宥は慶應義塾大学に合格している
  6. 竹内美宥が炎上を経験した理由とは
  7. 選抜総選挙の立候補と卒業の噂
  8. 竹内美宥がついに注目されるときが来た

AKB48の竹内美宥が選抜総選挙に立候補で炎上!?

人気アイドルグループのAKB48のメンバーで、You TubeでAKB48のアレンジ楽曲を投稿していることでも話題になっている竹内美宥。AKB48の中でもその音楽の才能の高さが注目される存在ですが、炎上騒ぎに巻き込まれたことがあるようです。

アイドルとして活動する中ではどうしても炎上というのはひとつの課題ともいえますが、竹内美宥はなぜ炎上騒ぎに巻き込まれてしまったのでしょうか。また、二度に渡る選抜総選挙の不出馬を続けていた中で、久しぶりにに選抜総選挙に立候補した理由についても気になるところです。

竹内美宥の経歴とともに、炎上騒ぎの理由や久しぶりの選抜総選挙への立候補の理由について調査しました。また、最近の竹内美宥の活動で話題になっているYou Tubeでの活動とオーディション番組「PRODUCE101」での活動を紹介します。

竹内美宥のプロフィール

竹内美宥は1996年1月12日生まれの22歳です。東京都出身でAKB48のメンバーでありオー・エンタープライズ所属です。また、2014年4月からは慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に在学中です。

竹内美宥の母親は元劇団四季の竹内そのかで、母子家庭で育ったようです。一時期、竹内美宥が高価なカメラなどを所有していたことからお金持ちであることが噂されたものの、竹内美宥本人が母子家庭であることを明かすと同時に、節約してお金を貯めて自分で購入したことを明かしています。

また、2歳の頃からピアノを習っており、3歳から中学2年生までクラシックバレエを習っていました。竹内美宥は自分の長所が趣味がたくさんあるところとしているだけに、カメラやDTMなど幅広い趣味を披露しています。取り分けこのカメラは3台所有しておりコンテストにも度々挑戦しています。

AKB48加入前から芸能界で活動していた

竹内美宥はAKB48として活動をする前から芸能界で活動しており、2004年にスターダストプロモーションのモデル部に所属していました。また、同年8月11日から同社のアーティストlittle by littleの「雨上がりの急な坂道」のPVで芸能界デビューを果たしています。

2007年12月には日本テレビのオーディション番組「歌スタ!!」で、少女ファッション雑誌「ピチレモン」との連動で女性アイドル「ピチレモンユニット」が企画されました。竹内美宥は審査員のDJ UTOから合格札を獲得したものの、ユニットには選ばれず、代わりに他のメンバーと裏ピチモ・ユニットを結成しています。

裏ピチモ・ユニットとして敗者復活という形でデビューを果たしており2008年4月にユニット名を「フルーツ」に解明し、7月にシンブル「恋のセゾン」でデビューしています。

また、雑誌「なかよし」の専属モデルとしても活動しており、2009年頃まで活動していました。しかし、2009年7月にフルーツの活動停止が発表されており、竹内美宥は新しい活動の場を模索することになります。そして、そこで出逢ったのがAKB48だったのです。

竹内美宥がAKB48に入ったきっかけ

フルーツの活動が停止した中で、竹内美宥はAKB48の「10年桜」を聞いたことがきっかけで、歌詞に共感してAKB48について調べるようになったそうです。そして、2009年9月20日にAKB48の研究生オーディションを受けて、9期生としてAKB48に加入しました。

竹内美宥はその特徴的な目からコアラに似ていると言われており、声も高くて小さいことが特徴でした。フルーツのときは真面目な優等生キャラとして活動しており、AKB48もおっとりとした天然系だったものの、ダンスが始まると14歳とは思えないステージ慣れした姿が話題になりました。

長年バレエを習っていた経験もあり、研究生の中ではダンスの覚えも早く、研究生公演の中ではセンターを任されることも多かったようです。同期からは、本人はしっかりものだと思っているものの、末っ子キャラで子供っぽいといじられることも多かったのだとか。

また、当時の9期生は非常に個性的なメンバーが多く、自由人から体育会系、不思議系と新しい世代が集まっており、竹内美宥が頑張ってまとめようとした時期もあったようです。そんな竹内美宥の将来の夢は歌って踊れる女優というものであり、シンガーソングライターをしながら女優をしたいという夢を持っているそうです。

研究生の中でステージ慣れした姿を披露

竹内美宥は研究生時代に、チームAの前田敦子、チームKの大島優子、チームBの渡辺麻友と、全チームのエースメンバーのアンダーを担当しており、他の研究生と比べるとその経験の違いがはっきりと違うことが注目されていました。

2010年にはタカラトミー発売のゲーム機「プリティーリズム・ミニスカート」のプロモーションも兼ねたコラボユニット「ミニスカート」のメンバーに選ばれています。そして、このミニスカートのセンターを任されています。

また、10月8日には秋元康と写真家の篠山紀信が選んだメンバーによって「Team KISHIN From AKB48」を結成しています。そして写真集「窓からスカイツリーが見える」を発売しています。

チーム4としての竹内美宥の活躍

2011年6月6日に新たに創設された「チーム4」のメンバーとなることが決まり、以降はこのチームの正規メンバーとして活動を開始しています。また、同年12月13日に行われたAKB48をモチーフにしたアニメ「AKB0048」で特別審査員枠で合格し声優としてデビューしています。

2012年5月13日にAKB48の冠番組「ネ申テレビ」の企画で、撮影した写真を「国展」に出展したところ見事入選しています。以降も、継続してカメラ撮影を行っており、メンバーの画像を始め本格的な写真を披露しています。

チーム4に自分より年下のメンバーが加入したこともあり先輩として後輩たちを引っ張っていく存在になりました。しかし、チーム4における9期生と10期生の関係はなかなか溝が埋まらず、ぶつかりあうことも多かったようです。

これは、チーム4が明確なキャプテンを決めていなかったこと、また必要な人数である16名が揃っていないことが関係していたようです。また、他のチームとは違い若手のみで結成されたチーム4には圧倒的な経験不足がファンからも指摘されていました。

そのためファンからはチーム4の公演に関する厳しい声も寄せられており、そもそもチームとして観客の前でステージを行えるレベルでは無いという意見もあったようです。とはいえ、ある意味では結成当時のAKB48を思い出すファンたちも多く、新規ファンたちにとってはアイドルが成長していく過程を楽しめるチームでもありました。

しかし、2012年8月24日に行われたコンサートで大組閣が行われ、チーム4が解体されることが発表されました。竹内美宥は個性豊かなチームBへ異動となったものの、自分たちのチームが失格の烙印を押されたともいえます。翌日行われたコンサートではメンバーが涙を流しながら「僕の太陽」を歌うシーンも話題になりました。

竹内美宥は慶應義塾大学に合格している

竹内美宥は2013年11月4日に慶應義塾大学(SFC)に合格しています。学部は慶應義塾大学環境情報学部のようですね。AO入試での合格だったため、一部からは心無い言葉を受けたようですが、それでもしっかりと学業と芸能活動を両立させた結果だといえます。

竹内美宥が慶應義塾大学SFCを受けた理由は、音楽や演劇、そして言語を学んでみたいという気持ちがあったようです。そのため、文理融合学部学部を探していたようで、その中で慶應義塾大学SFCに出逢ったようですね。

もともと、早稲田塾に通っており、同じ高校の芸能コースの先輩が先にAO入試で合格していたことから自分も挑戦するきっかけになったようです。早稲田塾では生徒一人ひとりがサポートを受けれるため、自分自身に改めて向き合いながら志望動機やその先の夢を再確認出来たようです。

弾き語り動画が話題に

チーム4の解体やチームBに異動しての活動と並行して勉強やAO対策をしており、その中で動画投稿も行うようになっています。この動画投稿というのはピアノの弾き語りをしながらAKB48の曲などを歌っているもので、マイクなどを買うところから初めて自分で録音して挑戦しています。

この弾き語り動画は、その後の竹内美宥の活動に大きく関わるものになっており、現在も継続して動画投稿が行われています。現在はDTMなども自ら行っており、単純な弾き語りにとどまらないものになっていますね。

2015年10月16日からは一ヶ月間、海外で生活していたようで海外で様々な刺激を受けたことを明かしています。また、テレビ番組ではその歌やピアノの腕前を活かした企画にも参加しています。中では作曲家の新垣隆とモーツァルトの「トルコ行進曲」の早弾き対決も行っています。

竹内美宥が炎上を経験した理由とは

アイドルにとって避けては通れない出来事は炎上騒動です。ちょっとしたSNSのつぶやきなどが炎上に繋がることがあり、理解できるような理由もあれば言いがかりに近いような理由のときもあります。実はAKB48の竹内美宥もそんな炎上騒動に巻き込まれたことがあるようです。

事の発端は、とあるファンがTwitterで竹内美宥が握手会中に「スマホでゲームをしていた」というつぶやきだったそうです。握手会と言えば、メンバーとファンが直接触れ合えるイベントであり、目の前でメンバーと顔を合わせて自分の応援している気持ちを伝えることができるイベントです。

もともと、握手会自体はAKB48では無いのですが、その存在を有名にさせたのはAKB48グループだといえますよね。基本的には発売されるCDに「握手券」と言われるものがついており、その握手券さえあれば握手会に参加することが出来ます。

複数枚持っていれば、いろんなメンバーと握手することができるため、同じCDをたくさん購入するファンも多いようです。また握手会にもいくつかのパターンがあり、枚数に合わせて長時間メンバーと話すこともできるようになっています。

炎上理由はファンの一言から始まった

現在は当たり前になった握手会というイベント。女性アイドルだけでなく男性アイドル、またその他のタレントたちも同様のイベントをするようになっており、重要な販売体型ともいえます。

ファンのツイートによれば、竹内美宥が握手会の最中にスマホでゲームをしていたというのです。そのゲームはLINEが提供している「ツムツム」だったようですが、実際に握手会中にスマホでゲームをするということはあり得たのでしょうか。

竹内美宥自身はこの炎上騒動に気づいてすぐに「ツムツム入っていないよ」と、そもそもツムツム自体をインストールしていないと否定したそうです。炎上のきっかけとなったファンは客を完全に舐めていると怒っていたようで、そのことが炎上につながった理由だったようです。

握手会中にスマホをいじれる状況だったのか

竹内美宥はこの炎上騒動に対して、最終的に携帯は写真を撮影したり、スタッフなどと連絡を撮るために携帯を持って握手会の中に参加することはあると説明したようです。しかし、ファンと握手会をしながら携帯を使うことはありえないと否定したようです。

とはいえ、どんな状況であってもファンを傷つけるようなことや誤解を生むような言動があったことは自分の責任であると謝罪したようです。

炎上騒動はすぐには鎮火せず、ファンはその真相を調べようとした人たちも居たようです。その中では竹内美宥は過去のつぶやきにツムツムをやっているというつぶやきがあったようです。このことで竹内美宥がツムツムはインストールしていないという発言自体は怪しくなったわけです。

とはいえ、ツムツムはアンイストールできるため、握手会の時点ではすでに削除していたという意味だった可能性もありそうです。

そもそも、握手会中にゲームをしていることを周りのスタッフやメンバーが放っておく可能性も低そうですよね。何かと炎上しやすいアイドルという職業だけに、周りのスタッフもかなり神経質になっていると考えられます。

自分で炎上するようなツイートをしたことも?

握手会中にゲームをしているという理由で炎上を経験した竹内美宥。しかし、その後に過去の自分がわざと炎上するようなツイートをしたことがあることを明かしています。

このつぶやきは本人のTwitterで行われたもので、ファンからは反抗期なときもあったの?というような心配する声もあったようです。何をやってもバッシングを受けるときもあり、わざとファンと喧嘩をしてしまうようなつぶやきをしたこともあったのかもしれませんね。

良い意味でも悪い意味でも話題にならなければアイドルとしての知名度は上がらないというジレンマもあったのかもしれません。とはいえ、そういったことを暴露するというのもまた炎上の理由になるだけに、ファンからも賛否両論のようです。

選抜総選挙の立候補と卒業の噂

AKB48にとってもう一つ大事なのが選抜総選挙です。メンバーたちがファンからの投票で自らの順位がはっきりと分かる一大イベントになっています。選抜総選挙の順位によって、シングルの選抜に選ばれたり、アンダー曲の選抜に選ばれることになります。

当初は選抜総選挙は立候補という形ではなく、全員参加のような形でした。しかし、近年の選抜総選挙では立候補を受け付けるという形になっており、その年ごとに立候補しないメンバーが現れて話題になります。また、立候補をしないことは卒業に繋がる可能性が高いという点も注目です。

竹内美宥は残念ながら第2回から選抜総選挙に参加しているのですがランクインの経験はありません。そして、2015年に行われた第7回と2016年に行われた第8回の選抜総選挙には立候補していません。

選抜総選挙の立候補を辞退する理由とは

このように選抜総選挙に立候補しないメンバーは多く、人気メンバーの中でも卒業を前にして立候補しないメンバーは多くいました。例えば一期生である小嶋陽菜や何かと話題になりやすい指原莉乃なども立候補を辞退した経験があります。

また、中堅メンバーも立候補しないことが多く、その理由には選抜総選挙の重圧に耐えきれないと思われるものが多いようです。せっかく立候補してもランクインしないメンバーは多数居るわけで、そのためにファンの多くにお金を使ってもらうことが申し訳ないメンバーも居るようです。

選抜総選挙以外の場面で頑張りたいという気持ちを告白するメンバーも多いようです。また姉妹グループであるSKE48やNMB48では、一部のメンバーが辞退することで、票がバラけるのを阻止して人気メンバーにトップを狙ってもらうという組織票を感じさせる動きを見せることもあるようです。

その年に立候補を辞退しても、翌年に参加することは可能で特別ペナルティが無いのも特徴です。しかし、立候補しないことは卒業を予測させるものとなり、なんとなく卒業しないとダメな雰囲気になってしまうというデメリットもあるかもしれません。

竹内美宥は新しい活動を通して立候補を決意

竹内美宥が過去に立候補しなかった理由として「現在の自分に自信が持てない」、「立候補してもランクイン出来ない」、「自分にけじめをつけたい」といった理由があったようです。

竹内美宥の場合は、ファンに媚びるような活動もしておらず、ファンとの交流になるモバイルメールやブログの更新も少ないという特徴がありました。上位メンバーであれば十分な知名度があるためそれでも良いと言えますが、竹内美宥のようにランクインを狙う立場であれば、積極的にそういった活動をする必要はあったかもしれません。

その後、竹内美宥はあくまで自分の得意な形でというものにこだわり、先述していた弾き語り動画などを行うようになり注目されるようになりました。

DTMを自ら行い、音楽雑誌でも竹内美宥のインタビューが掲載されるなど、音楽ファンからも一目置かれる存在になりました。また、すでに卒業していたメンバーなどと久しぶりに顔を合わせる中で、もう一度選抜総選挙に挑戦してみようという気持ちも生まれたようです。

結果的には2017年に行われた第9回、2018年に行われた第10回ではランクインすることが出来ませんでした。ファンからは常に卒業の心配をされているものの、現在もAKB48のメンバーとして活動を続けています。

また、一部の噂では慶應義塾大学SFCにAOで入学したことから大学を卒業するまでAKB48を卒業できないのでは?という噂もあるようです。現在の竹内美宥は通常の過程であれば卒業している年齢のため、大学院に進んだ可能性やすでに卒業した可能性など様々な情報が噂されています。

竹内美宥がついに注目されるときが来た

現在の竹内美宥は、AKB48グループと韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」がタッグを組んだ、グローバルガールズグループ誕生プロジェクト「PRODUCE48」に挑戦しています。

AKB48のメンバー39人を含め、韓国の所属事務所でトレーニングを受けてきた練習性をあわせた96人が最終ステージまで生き残り、12人のデビューグループになるのを目指すという企画になっています。

竹内美宥は2018年7月に放送された初の脱落者が決定する順位発表会では、デビュー圏内となる11位にランクインしています。アイドルとして活動を始めた中で、初めてのランクインを経験したといえます。

また、竹内美宥は自らの作詞や作曲の能力を活かして「ダンシング・ヒーロー」をジャズアレンジして編曲するなど、いままでは目立たなかった他のメンバーも注目されるきっかけになっています。実際、NMB48の村瀬紗英も同様の企画から日韓で注目される存在になっています。

卒業ではなく新しいステージで自らの可能性を模索中

かつては卒業を噂されて、本人も卒業を意識した時期もあったかもしれません。しかし、AKB48として活動してきた中で、何かを思いっきりやり遂げたと思えるものが欲しかったのかもしれません。

ランクインした際のスピーチはすべて韓国語で行っており、9年間のアイドル生活でランクインの経験が無いことを改めて説明し、アイドルをしたくて韓国に来たことも明かしています。あまり自分の正直な気持ちを語らない竹内美宥だけに、長年のファンにはその苦労が報われて欲しいというコメントも多いようです。

企画自体はまだまだ継続中で、竹内美宥はAKB48の活動と並行して企画に参加しています。日本と韓国を行き来する生活を送っており、体調不良なども心配されているようですね。

今後も卒業に関する部分は不透明な部分があり、オーディションでデビューすることになった場合にはAKB48を卒業という形を選ぶのかは不明です。しかし、いままでランクインを経験したことがない竹内美宥がデビューメンバーに選ばれる可能性も出ており、ファンからの注目を集めていますね。

竹内美宥の炎上騒動や選抜総選挙の立候補、そして卒業にまつわる噂を紹介しました。自分の可能性を信じて新しいステージに挑戦している竹内美宥。その思いが報われることになるのかが注目ですね。竹内美宥の今後の逆転劇に期待して応援していきましょう。

その他のAKB48に関する記事はこちら

指原莉乃のAKB48卒業発表はいつ?総選挙不出馬の理由に厳しい声? | Luupy[ルーピー]
AKB48峯岸みなみが坊主の理由は?丸刈りから髪が伸びるまで画像で調査 | Luupy[ルーピー]
相笠萌がAKB48を卒業した理由は?大学や彼氏に現在激太りの噂は | Luupy[ルーピー]
元AKB48小林茉里奈は現在福岡放送アナウンサー!彼氏や出身大学は? | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ