三ツ矢歌子の死因は?夫や若い頃の画像は!息子が逮捕?CMや昼ドラに多数出演

若い頃CMや昼ドラに多数出演し「昼メロの女王」とも呼ばれた三ツ矢歌子は亡くなっていました。いったい死因はなんだったのしょうか?息子が逮捕?三ツ矢歌子の経歴や夫や息子、美しかった若い頃の画像を調べてみましたので見ていきましょう。

目次

  1. 三ツ矢歌子(みつやうたこ)のプロフィール
  2. 美人女優!三ツ矢歌子を苦しめた病気
  3. 三ツ矢歌子の結婚相手の夫とは?
  4. 三ツ矢歌子の息子とは?
  5. 三ツ矢歌子の夫の兄弟も俳優?
  6. 昭和の大女優!三ツ矢歌子の代表作
  7. 三ツ矢歌子は国民的大女優だった!

三ツ矢歌子(みつやうたこ)のプロフィール

・愛称:歌子ちゃん
・本名:小野田 宇汰子
・生年月日:1936年8月1日
・享年:67歳(2004年3月24日死去)
・出身地:大阪府堺市東区
・血液型:A型
・身長:??cm
・体重:??kg
・活動内容:女優
・事務所:元新東宝
・家族構成:夫・小野田嘉幹、長男・三ツ矢真之(辻政宏)、義弟・平田昭彦、義妹・音羽美子、義妹・久我美子

三ツ矢歌子の死因はなんだったのか?息子が逮捕された?と話題になっていますが、三ツ矢歌子はどんな女優であったか調べてみました。

三ツ矢歌子の経歴

三ツ矢歌子と言えば、妖艶な美形で若い頃から人気になり、昼ドラやCMに数多く出演し、人気を博していた女優さんと知られていました。横溝正史の傑作サスペンス「犬神家の一族」の竹子役など印象強く残っている方は多いのではないでしょうか?ミステリアスな美貌の持ち主でもあり、柔らかな笑顔から数多くの演技ができる実力派女優でもありました。そんな三ツ矢歌子の若い頃の経歴から見ていきましょう。

女優三ツ矢歌子(みつやうたこ)は、新東宝スターレット第4期として1955年に19歳で新東宝のヒロインとして入社します。三ツ矢歌子が新東宝スターレットに応募したのは、学生時代の友人が三ツ矢歌子に秘密でプロフィールを送り応募したそうです。

第4期スターレットに合格すると、翌年には映画に初出演し、「新東宝現代劇の女優三羽烏」と称され、若い頃一気に人気者になりました。「女優三羽烏」は、池内淳子、久保菜穂子、三ツ矢歌子の三人です。三ツ矢歌子のデビュー作は『君ひとすじに』1956年のことです。それからなんと4年間で17本もの映画に出演し当時の人気の高さが伺えます。年間平均すると4本以上になります。

「新東宝」という映画制作会社は現在倒産して存在していませんが、後に国際放映株式会社となる、当時の有名な映画会社です。三ツ矢歌子の若い頃「新東宝現代劇の女優三羽烏」と称された頃の新東宝マドンナの画像が見つかりましたので見ていきましょう。

デビュー当時の画像

三ツ矢歌子の若い頃の画像は、ハーフのように美しい顔立ちです。日本人離れした彫の深さは白黒の画像に映える顔立ちだったこともわかります。三ツ矢歌子は新東宝のヒロインとして活躍していた若い頃は、20歳頃です。可愛らしい笑顔で人気の高さが伺えます。

1957年に上演された「暁の非常線」では三ツ矢歌子の迫真の演技と讃えられます。1957年に他に出演されていたのは、「海女の戦慄」、「肉体女優殺し五人の犯罪者」、「スーパージャイアンツ人工衛星と人類の破滅」、「スーパージャイアンツ宇宙艇と人工衛星の激突」です。5部作も出演されていました。

1958には「天城心中~天国に結ぶ恋」に出演した時の画像です。三ツ矢歌子初主演作です。実際にあった天城山心中事件を映画化したものです。ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の姪・彗生(えいせい)を演じました。一般人の男子大学生との恋愛は、家柄の違いにより交際を反対され、二人で無理心中する物語です。

「天城心中~天国に結ぶ恋」は、石井輝男が監督した作品です。監督の石井輝男は三ツ矢歌子で撮りたい作品だったそうです。気品の漂う清楚な三ツ矢歌子は、ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の姪である高貴な女性の役にピッタリだったのでしょう。

三ツ矢歌子が活躍していた当時は映画はブームになっており、日本映画黄金期とも呼ばれていました。その中で「新東宝」は設立してから800本以上の映画を14年の間で製作してました。「新東宝」は『西鶴一代女』でヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞した時もありました。しかし、残念ながら「新東宝」1961年8月31日に倒産してしまいました。

「新東宝」の倒産を機に仕事で知り合った映画監督と結婚し、二人の息子に恵まれました。TV番組に活躍の場を移すと、ますます人気が上がり活躍の幅が広がります。女優三ツ矢歌子は、TBS「花王愛の劇場」では、昼ドラの女王とも呼ばれ、いくつもの作品に出演されています。女優三ツ矢歌子の出演作品の、TBSの「不良少女とよばれて」は、社会現象にもなりました。

女優三ツ矢歌子の出演された多くの作品は、今でも名作と呼ばれるほどで後世に残る作品も数多くあります。そんな女優三ツ矢歌子は現在亡くなっていますが死因は何か、夫や息子が逮捕された噂を調べてみましたので画像と共に見ていきましょう。

美人女優!三ツ矢歌子を苦しめた病気

美人女優の三ツ矢歌子は2004年3月24日にお亡くなりになりました。享年67歳でした。現在では、67歳で亡くなるのは早すぎるのではないかと思われる最近ですが、いったい三ツ矢歌子の死因は何だったのでしょうか?

手術で肺がんが見つかる

美人女優の三ツ矢歌子は、2001年9月に以前から腰が痛かった為、治療をうけていたそうです。しかしなかなか治らないため手術を受けることにしたのです。腰の手術のため精密検査を行った美人女優の三ツ矢歌子に、肺がんが見つかったのだそうです。無事に腰の手術は終わりましたが、肺がんの闘病生活に入ります。

美人女優の三ツ矢歌子は、約2年間の闘病生活を送りますが、治療むなしく余命1年と2003年に告知されます。がんの中で最も死亡数が多い死因なのが肺がんです。死因は肺がんだったのでしょうか?

死因は間質性肺炎

三ツ矢歌子は、腰痛の手術後での肺がんの治療は、仕事も控え、車いすでの生活を余儀なくされていたそうです。死因は肺がんによる間質性肺炎を併発したようです。4年間の苦しい闘病生活を送っていた三ツ矢歌子は、病状が急変し緊急入院しました。抗がん剤投与や酸素吸入など懸命の治療が続けられましたが、残念ながら息を引き取ったそうです。死因の間質性肺炎とはなんでしょうか?

間質性肺炎とは、「肺胞の壁や周辺に炎症が起こる」病気で、この病態になると血液に酸素が取り込めず、酸素欠乏を起こし、呼吸が苦しくなる

肺がん、もしくは抗がん剤治療のために弱った肺が機能しなくなり、結果死因につながるそうです。三ツ矢歌子は最後苦しい思いで亡くなりますが、夫や息子たち家族で最後を看取られたそうで安らかにお亡くなりになったそうです。

三ツ矢歌子の結婚相手の夫とは?

4年間の苦しい闘病生活を送っていた三ツ矢歌子は、家族はいたのでしょうか?そして三ツ矢歌子の夫はどなたなのか、二人の息子に恵まれていましたが俳優をやっていたとも話題になっています。調べましたので見ていきましょう。

元映画監督兼脚本家

三ツ矢歌子の夫は、元映画監督兼脚本家の小野田嘉幹(おのだよしき)です。本名の小野田正彦でも監督された作品はあります。三ツ矢歌子と「新東宝」で一緒だったので職場恋愛ということになります。

三ツ矢歌子の夫小野田嘉幹の監督された代表作は、『鬼平犯科帳』『伊能忠敬子午線の夢』です。特に『鬼平犯科帳』は根強いファンも多く独特の世界観が好まれる作品です。

現在は生活保護を受けている?

小野田嘉幹の鬼平犯科帳の世界観は高速道路東北道の羽生パーキングエリアに再現され、いつも賑わっています。そんな小野田嘉幹は、現在三ツ矢歌子が亡くなって以来、生活保護を受けているそうなんですが本当でしょうか?調べてみました。

週刊新潮に掲載している情報によれば、三ツ矢歌子の夫は4畳半一間のアパートに一人暮らしをしていて収入はほとんど無く生活保護を受けているそうです。現在、鬼平犯科帳の講義を『鬼平塾』と銘打って、殺陣の講師を迎えたりと時代劇俳優を育てています。その代表が息子さんの小野田真之です。三ツ矢歌子の息子が逮捕された噂について調べてみましたので見ていきましょう。

三ツ矢歌子の息子とは?

三ツ矢歌子は息子を2人授かりました。長男は、一時期逮捕の噂があった元俳優だった小野田真之です。芸名では「三ツ矢真之」又は「辻政宏」という時代もありました。現在では、小野田企画と三ツ矢プロダクションの代表取締役をなさっています。次男の情報はありませんでしたので、一般の方と推測されます。

鬼平犯科帳にも出演した元俳優

・芸名:三ツ矢真之(ミツヤマサユキ)
・本名:小野田真之
・生年月日:1961年7月24日
・出身地:東京都
・身長:167cm
・体重:68kg
・血液型:A型

三ツ矢真之は、三ツ矢歌子の息子(長男)です。俳優として初出演は1977年に「東京メグレ警視」、「鬼平犯科帳」では山田市太郎役をレギュラー出演していました。必殺スペシャル「安政5年のベースボール」などに出演していました。

薬物で逮捕される

三ツ矢歌子の息子(長男)の小野田真之は「三ツ矢真之」「辻政宏」の芸名で俳優活動をしていましたが、現在は俳優を育成する立場になっており、俳優活動は現在していないようです。ネットでは「薬物で逮捕された」と話題になっていますが本当でしょうか?

三ツ矢歌子の息子(長男)が薬物で逮捕されたと噂になっていましたが、どこにも掲載が無く、わかりませんでした。薬物で逮捕されるとなると、どこかに逮捕記事が掲載されるはずなので、どこにも掲載が無いとなると逮捕されたのはデマなのかもしれません。

三ツ矢歌子の夫の兄弟も俳優?

女優の三ツ矢歌子の夫の小野田嘉幹の兄妹も俳優をしています。三ツ矢歌子の親族は芸能一家です。そんな義兄妹たちを調べましたので見ていきましょう。

義弟は平田昭彦

・愛称:???
・本名:小野田 昭彦(おのだ あきひこ)
・生年月日:1927年12月16日
・没年月日:1984年7月25日(享年56歳)
・出身地:朝鮮 京城府⇒東京世田谷
・血液型:O型
・身長:173cm
・体重:??kg
・活動内容:俳優、タレント
・事務所:東宝
・家族構成:父・小野田彦次、母・フク、妻・久我美子、妹・音羽美子

三ツ矢歌子の義弟は、俳優の平田昭彦です。ゴジラやウルトラマンに研究者の役出演していたのが印象深いですが、他にも多数数えられないほど映画やドラマに出演されていた名俳優でした。妻は女優の久我美子です。

三ツ矢歌子の義弟平田昭彦は、東京大学卒業という経歴があるので、博士役や研究者などのエリート役が多かったのでしょう。残念ながら、1984年にお亡くなりになっています。死因は、癌性リンパ管症でした。ご冥福をお祈りいたします。

義妹は音羽美子と久我美子

三ツ矢歌子の義妹は、平田昭彦の妹の女優や歌手をしていた音羽美子(おとわよしこ)です。音羽美子は、高校卒業後に女優・歌手としてデビューし、下町コメディの「お笑い三人組」(NHK)に出演し人気になります。トリオ番組の元祖とされる番組でした。その頃知り合った、NHKのディレクターの久米昭二と結婚したそうです。現在では、芸能活動はされていないようです。

・愛称:はるこちゃん
・本名:小野田 美子(おのだ はるこ)、旧姓:久我(こが)
・生年月日:1931年1月21日
・年齢:87歳
・出身地:東京府東京市牛込
・血液型:O型
・身長:153cm
・体重:37kg
・活動内容:女優
・事務所:ワタナベエンターテインメント
・家族構成:父・久我通顕(侯爵、貴族院議員)、母・与志江、夫・平田昭彦、祖父・久我常通(侯爵、貴族院議員)

三ツ矢歌子の義弟平田昭彦の妻は、女優の久我美子です。三ツ矢歌子の義妹にあたります。第一期東宝ニューフェイスでデビューすると瞬く間に大人気となり数々の名作に出演し、映画の黄金時代に活躍していた銀幕スターの一人です。

久我美子の現在と昔の画像を紹介!夫・平田昭彦や娘についてまとめ | Luupy[ルーピー]

昭和の大女優!三ツ矢歌子の代表作

女優三ツ矢歌子の家族は、芸能一家であったことがわかりましたが、代表される作品は数多くあります。現在でも語り継がれている三ツ矢歌子の代表作品をご紹介していきましょう。

若い頃は映画で活躍

三ツ矢歌子の若い頃は、映画黄金時代で活躍していました。代表作は「天城心中・天国に結ぶ恋」1958年、「戦場のなでしこ」1959年、「怒号する巨弾」1960年、「地獄」1960年です。清純派女優として人気を博しました。

清純派女優三ツ矢歌子の画像

三ツ矢歌子の若い頃は、上品な美しい女優で、雑誌の取材を受けていた画像です。清楚な印象でもありどことなく寂しそうな表情で人気を博していました。

昼ドラの女王と呼ばれる

三ツ矢歌子は、1960年に小野田嘉幹と結婚し、活動をテレビドラマへと転換しました。その当時は、映画黄金時代も終焉しつつあり、娯楽はテレビへと移っていった時代でもありました。

三ツ矢歌子の出演するテレビの昼ドラの番組は高視聴率をたたき出し、いつの間にか三ツ矢歌子は「昼ドラの女王」と呼ばれるほどになりました。代表作は、石立鉄男主演の「気まぐれ本格派」、「不良少女とよばれて」があります。

「三ツ矢サイダー」のCMに抜擢

三ツ矢歌子は、清純派女優としても人気があり、また苗字が三ツ矢であったことから、「三ツ矢サイダー」のコマーシャルにも起用されました。三ツ矢歌子の爽やかさとサイダーの爽快感を印象付けるのはCMとして宣伝効果抜群だったようです。

三ツ矢歌子は国民的大女優だった!

今でも、優しい笑顔が忘れられなく当時の画像をツイッターなどに掲載するファンは多く、三ツ矢歌子は、国民的大女優だったことは言うまでもありません。昔出演していた作品を持ってみて、お気に入りの映画を見つけてみるのも良いかもしれません。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ