小林麻央が死去した時間は?原因や経緯など海老蔵会見・ブログから調査

乳ガンによる闘病生活を続けて34歳の若さで死去したフリーアナウンサーの小林麻央。その闘病生活や乳ガンに至った原因について改めて調査しました。小林麻央の死去を予言する7月6日という噂からの炎上や死去した時間がいつなのかという問題についてまとめています。

目次

  1. 小林麻央が死去した原因とは
  2. 34歳の若さで死去した小林麻央のプロフィール
  3. 市川海老蔵と死去するまで愛を貫いた
  4. 小林麻央の死去の時間はいつなのか
  5. 様々な炎上騒動と7月6日という謎の日付
  6. 小林麻央死去以降の現在は

小林麻央が死去した原因とは

フリーアナウンサーとして活躍し、歌舞伎役者の市川海老蔵との結婚も話題になった小林麻央。しかし、その小林麻央は34歳という若さで乳ガンが原因で死去しています。

いつごろからそういった体調不良に悩まされていたのか、また乳ガンの発見が遅れた原因や死去が7月6日と噂された理由はなんだったのでしょう。実際に死去した日にちと7月6日との関係が気になりますよね。

小林麻央の闘病生活や、死去した時間、また小林麻央の死去に絡んだ様々な炎上について紹介します。7月6日という日にちや小林麻央がいつ亡くなったかという時間など、小林麻央の死去には謎の点がとても多いようです。

34歳の若さで死去した小林麻央のプロフィール

小林麻央は1982年7月21日生まれで2017年6月22日に34歳で亡くなっています。このことを考えると死去にまつわる7月6日という数字がさらに不可解なものだと感じますよね。後にこの7月6日がどういったいみで出てきたのかも紹介します。

小林麻央は新潟県小千谷市出身でフリーアナウンサーやタレントとして活動しています。夫は歌舞伎役者の市川海老蔵で、結婚後の本名は堀越麻央です。また、姉も元フリーアナウンサーの小林麻耶で、美人姉妹として人気でした。

父の仕事の関係のため、幼い頃から埼玉県さいたま市や西宮市、荒川区と移り住んでいます。また、小林麻央は國學院高等学校を卒業し、上智大学文学部心理学科を卒業しています。そして、上智大学在学中にかつて姉が出演していた日本テレビ「恋のから騒ぎ」に出演したことから注目を集めました。

めざましどようびやドラマにも出演して注目された

卒業の小林麻央はセント・フォース所属となりフジテレビ系「めざましどようび」のお天気キャスターを務めています。また、2004年にはフジテレビ系「ジャンクSPORTS」の「ファンタスティックストーリー」を担当し、2004年6月には「ピンクヒップガール」でドラマにも初出演しています。

ドラマや映画としては2005年に「東京フレンズ」、「スローダンス」などに出演しておりフジテレビ中心の出演が続いていました。

その後、2006年1月に日本テレビ系「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」に出演したことを皮切りに、フジテレビ以外のテレビ番組にも出演するようになりました。めざましてれびは2006年9月30日まで出演を続けていました。

小林麻央の丁寧で落ち着いた雰囲気が人気に

小林麻央は2006年10月2日から日本テレビ系ニュース番組「NEWS ZERO」のサブキャスターを務めており、2007年4月12日からはフジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」の進行役も担当しています。

姉の小林麻耶に勧められたことがきっかけで、恋のから騒ぎに出演し、その後は人前でキレイに話せる人になりたいという気持ちや、いろいろな人に会いたいという理由からアナウンススクールに通った小林麻央。

アナウンサー試験を受ける直前に、セント・フォースから声をかけられたことでフリーアナウンサーとして改めてテレビに出演することになり、その落ち着いた雰囲気と美しい容姿も合わさって、多くの番組の進行役を務めることになりました。

市川海老蔵と死去するまで愛を貫いた

小林麻央は2009年11月19日のイベントの記者会見で、市川海老蔵との交際を認め、その交際の馴れ初めとして「NEWS ZERO」でのインタビューがきっかけだったことを明かしました。

そして、2010年1月29日に市川海老蔵との婚約発表会見を行いました。また、3月3日に婚姻届を提出し、7月29日にザ・プリンスパークタワー東京で挙式と結婚披露宴が行われました。

2011年7月25日に第一子となる女の子が、2013年3月22日に第二子である男の子が誕生しています。いつも明るい小林麻央の笑顔がより一層明るいものとなるニュースが続いており、後に過酷な闘病生活に入ることを想像していた人はいたのでしょうか。

死去の原因となる乳ガンとの闘病生活の始まり

では、小林麻央はいつごろから乳ガンとの闘病生活を送っていたのでしょうか。実はその「いつ」という問いにはあまりにも悲しい運命が関係していました。

というのも、小林麻央は長男を出産してから約1年後に検診を受けたときに乳ガンの兆候が確認されていました。2014年2月に人間ドックを受けて、乳房にしこりが発見されたものの、人間ドックの担当医が可能性は「五分五分」としたこと、また他の乳腺専門医の知人2人がそのことを「オーバーな担当医」と発言したことが運命の分かれ目となります。

また、実際に再検査を受けた際の担当医も「乳ガンではない」と診断しています。小林麻央もその後、長女の授乳時から2年以上の間、乳腺の状態を良くするための母乳マッサージを行いケアしており、本人も乳ガンだと考えていなかったようです。

しかし、同年10月に同じ箇所にしこりが確認され、脇への転移も発見されることになります。ここで初めて小林麻央は癌と診断されており、当初違和感を感じていた時間の場面で早期に対応していた場合とでは大きく結果が違ったことが考えられます。

時間が経つごとに深刻化していく小林麻央の体調

小林麻央はその後も、自らの闘病生活を非公開で行っていたものの、時間が経つにつ連れて隠し通すことが難しくなりました。そのため、2016年5月19日に姉である小林麻耶が出演しているフジテレビ系「バイキング」において、小林麻央が突如倒れて長期療養に入っています。合わせて同年6月9日にスポーツ報知が「進行性がんで極秘入院」ということを記事にし報道しています。

このことを受けて夫である市川海老蔵が緊急記者会見を行い、小林麻央が闘病中であることや乳ガンであることを明らかにしました。

闘病生活が始まってからある程度時間が経っている中での公表であり、その市川海老蔵の態度からも残された時間は短いのでは?という声も多かったようです。その中で、小林麻央は自らの闘病生活を綴ることになるブログ「KOKORO.」を2016年9月1日に開設しています。

小林麻央は結果的に、2017年1月9日に放送された市川海老蔵のドキュメンタリーテレビ番組「市川海老蔵にござりまする」に闘病生活中の身体を押してインタビューに応じており、これが公での最後の姿となっています。

小林麻央の死去の時間はいつなのか

小林麻央が死去した時間はいつなのかということなのですが、公式には2017年6月22日の夜に自宅で死去したと公表されています。

わずか34歳で小林麻央は亡くなっており、その早すぎる死去は市川海老蔵や子供たちだけでなく、社会全体が悲しみに包まれる出来事となりました。市川海老蔵は死去した時間は子供たちと姉である小林麻央と両親たちに看取られながらの最後だったそうです。

当初は市川海老蔵からすぐにその死去について発表されない中で、翌日に自らの公演の昼の部が終了後にマスコミ各社を招いて記者会見でその訃報を公表しています。

様々な炎上騒動と7月6日という謎の日付

この一部のマスコミの正式な公表が無い段階での死去の報道は炎上騒動にも繋がっており、市川海老蔵本人から公表があるまでは死去を報道するべきではなかったのでは?という声も出て炎上しています。

また、なぜかこの小林麻央の死去には「7月6日」という謎の日付が付きまとっています。どうやらこれは小林麻央が死去する少し前から、その死去を予想した日付が7月6日というものだったようです。事実としてはこの7月6日という日付は外れており、何よりも不謹慎な予想も炎上騒動につながっています。

この7月6日以外にも、占い師を語る人物などがネットでそういった予想をしていたようで、たびたび炎上していたようです。

小林麻央が死去した時間にはズレも

また、炎上騒動とは少し違うのですが、小林麻央が亡くなってから少し経った2018年6月27日に、市川海老蔵がブログを更新しています。そして、そのタイトルは「6月22日19時15分」というものになっています。これは市川海老蔵の文章によれば、小林麻央が亡くなって少し経ったときの時間とのことです。

この記事は偶然、実家の屋上にある事務所に長年務めてくれている豊間根という人物が、空がきれいだったからと写真を撮っていたそうです。その後にその写真をもらった市川海老蔵がブログでそのときの画像を紹介し、小林麻央の死去した時間が正式に明らかになった瞬間でもありました。

しかしこの、小林麻央がいつ死去したかという時間については、少しズレがあるのでは?という検証もあったようです。市川海老蔵は前後のブログなどの文章から、当日は稽古中で義母からのLINEを1時間ほど遅れて確認して、急いで病院に行ったことが明かされています。

ところが、当日のブログの画像にはたまたま後ろにあった時計が写っており、14時48分という時間が確認出来たそうです。また、続いて次の稽古に入ることが記されたブログの画像では時間が17時17分となっており、その後稽古が始まったことが推測されます。

小林麻央の死去を美談にしたくない人たちの推測

市川海老蔵が最後にスマホを触ったと思われる時間がこの17時17分、小林麻央が亡くなったのが19時15分、そして市川海老蔵によれば17時17分から約1時間半は義母からの連絡を確認できなかったことになっています。

17時30分から稽古が始まったとして、短い稽古で30分だとすれば時刻は18時となりますが、本人は1時間半ほどスマホを見れなかったとしているので、19時ごろにスマホを確認したと言えるでしょう。稽古場から市川海老蔵の自宅マンションまでの距離は不明ですが、夕刻の都内において19時15分という時間に本当に間に合っていたか計算が合わないという意見があったようです。

このような細かい推測が生まれた原因は、小林麻央や市川海老蔵がその闘病生活をブログで記事にしていたことを、快く思わなかった人たちの揚げ足取りが原因だといえるかもしれません。

小林麻央の死去に絡んでもSNSの難しさが感じられる

この原因というのも、闘病生活を始めてからは、そのブログの閲覧数が爆発的に伸びたことで多額の広告収入を得ていたという意見があり、これも炎上の原因のひとつでした。

一部では市川海老蔵のかつての自由奔放な生き方に対して、妻が病気になってからの看病生活を美談にしているような部分を気に入らない人も多かったようです。結果的に、小林麻央のブログを書籍化するという噂があったものの、一部ではそういった人たちの存在が原因で書籍化に至らなかったと言われています。

いつの時代も芸能人のやることにはケチがつくものですが、今回のようなことでも炎上騒動が度々起きているということは難しい問題です。

市川海老蔵が小林麻央の死去に間に合ったのかといった問題や、その死去の時間は本当はいつだったのか?などという声もあるようですが、記憶違いもあるかもしれませんし、そこを厳しく追求するのはさすがにという感じがしますよね。

小林麻央死去以降の現在は

若くして死去した小林麻央の関係者たちのその後も確認しましょう。いつも小林麻央の側で看病を続けていた姉の小林麻耶は、2018年7月27日に4歳歳下の男性と結婚を発表し、同年8月3日を以って所属事務所のセント・フォースを退所し芸能界から引退しました。

一時は、小林麻央の子供たちも慕っていることから、市川海老蔵と小林麻耶が再婚という形になるのでは?という噂もありました。しかし、この引退に絡んでは小林麻耶から、市川海老蔵はあくまで家族でありそれ以上でもそれ以下でも無いことをブログに綴っています。

自分には大切な夫が居て、その夫の家族も居ると前置きしており、小林麻央の死去以降のマスコミを中心とした詮索が少なからず引退に繋がったことを伺わせるものでした。

妹は一般男性と結婚し芸能界を引退

周囲からも残された子供たちとの関係を含めて、再婚を後押しする声はあったようですが、そういった噂や後押しがあればあるほど、本人たちは距離を置くようになったと言われています。

実は小林麻耶は最後の責任として、小林麻央の長女の入学式に出席することを考えていたものの、市川海老蔵側からストップするようにという声があったそうです。この長女の入学した学校に関しては小林麻耶が一生懸命探した学校であり、その入学試験にも携わっていたようです。

そういった中での市川海老蔵の決断は、自分のための人生を生きて欲しいという気持ちを想像させるものですよね。とはいえ、小林麻央の子供たちとの縁が切れたというだけではなく、夫と母親とともにバレエの発表会を観に来ているなど、これからも見守っていくことに変わりはないようです。

7月6日や様々な炎上の原因など、大きな社会的な出来事となった小林麻央の闘病生活と死去。小林麻耶の結婚と芸能界引退や長女の小学校入学がひとつの区切りとなって、新しいスタートとなったようですね。

まさか闘病生活のブログまで炎上騒動に繋がるというのは驚きでしたが、それだけ注目され必ず元気になって戻ってきて欲しいという人々の気持ちが強かったともいえます。市川海老蔵の市川團十郎の襲名の噂もあるだけに、今後も市川海老蔵を取り巻く周辺は騒がしくなっていきそうで注目しておきたいですね!

小林麻央の家族についてのまとめはこちら

小林麻耶が芸能界引退へ。その理由や結婚した旦那と海老蔵との関係は? | Luupy[ルーピー]
小林麻耶が結婚!旦那(夫)の顔画像や名前・年齢に馴れ初めは? | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ