カズレーザーの大学・学歴は?出身学部の偏差値や落ちた本命大学とは?

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーは高学歴芸人として人気です。同志社大学商学部出身のカズレーザーですが、他に本命大学があり落ちてしまったという噂もあります。カズレーザーの学歴、出身大学の偏差値、本命大学に落ちてしまったのかなどの噂の真相を調査しました。

目次

  1. カズレーザーのプロフィール
  2. メイプル超合金カズレーザーの学歴は?
  3. カズレーザーの出身校の各学部の偏差値
  4. カズレーザーが本命の大学を落ちていた?
  5. 高学歴が光るクイズ番組での活躍
  6. カズレーザーは関関同立出身の高学歴

カズレーザーのプロフィール

・愛称:???
・本名:金子 和令(かねこ かずのり)
・生年月日:1984年7月4日
・現在年齢:34歳
・出身地:埼玉県加須市
・血液型:O型
・身長:180cm
・体重:80kg
・活動内容:お笑い芸人
・所属グループ:メイプル超合金
・事務所:サンミュージック
・家族構成:父、母、妹

カズレーザーの経歴

カズレーザーは「働きたくない」という理由で芸人を目指し、大学卒業後にたまたま募集期間中だったサンミュージックの芸人養成学校「TOKYO☆笑BIZ」に入学しました。卒業後ピン芸人としてサンミュージックからデビューしました。6年間ピン芸人として活動していましたが、2012年8月、同じ事務所の安藤なつにカズレーザーがコンビ結成を持ちかけメイプル超合金を結成しました。

メイプル超合金はコンビ結成から3年後の2015年、M-1グランプリのファイナリストになったことで知名度が上がりました。太っている安藤なつがツッコミ、金髪に全身赤い衣装のカズレーザーがボケという組み合わせや、カズレーザーの独特のボケはインパクトがあり、M-1をきっかけにブレイクを果たしました。

カズレーザーはコンビの活動だけではなくピンとしても活躍していますが、特に最近はカズレーザーの恋愛や人生に対する考え方が深いということで若者を中心に人気があり、カズレーザーが学生の悩み相談をする企画もあります。特にテレビ朝日の「お願い!ランキング」内「カズレーザーカズレーザークリニック」での発言は話題で、ネットニュースになったこともあります。

このように現在独自の地位を築いたといえるカズレーザーですが、2016年にニホンモニターが発表した「2016ブレイクタレント」ではメイプル超合金として見事1位を獲得しています。そして現在、出演番組はレギュラー、準レギュラーを合わせてなんと14本と、若手芸人では今最も活躍してるコンビと言っても過言ではありません。

メイプル超合金カズレーザーの学歴は?

私学の難関・同志社大学を卒業

カズレーザーは京都府京都市にある同志社大学商学部を卒業した高学歴芸人です。同志社大学は関西を代表する私立大学で、学部数は14学部、学生数は3万人弱というマンモス校です。同志社大学は関西にある私立大学では入試が最難関の高学歴な大学であると言われており、全国的にも高学歴の大学として知られています。

同志社大学は政治家、実業家、芸能人、アナウンサー、スポーツ選手など様々な分野で活躍する卒業生を多く輩出しています。実業家では、TSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブの創業者で社長の増田宗昭、ヤフー株式会社社長の宮坂学などです。芸能人では、俳優の生瀬勝久、シンガーソングライターの岡崎体育などが出身者です。

最近は高学歴芸人が多いですが、カズレーザー以外にも同志社大学出身の芸人がいます。清水圭やお笑いコンビ・レーザーラモンのレーザーラモンHGこと住谷正樹、若手お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政も同志社大学卒業です。また中退ですが、若手お笑いコンビ・霜降り明星の粗品も同志社大学に在籍していました。

高校は埼玉県立熊谷高等学校

カズレーザーは埼玉県立熊谷高等学校を卒業しました。熊谷高等学校は明治28年に作られた男子校で、制服がなく髪の色も自由で、持ち物検査がないなどかなり自由な校風で知られています。また熊谷高等学校は埼玉県内では有数の進学校で、毎年国公立大学や関東の有名私立大学への合格実績があります。

熊谷高校は文部科学省の特別な指定校

熊谷高校は2011年から2015年までスーパーサイエンスハイスクールに指定されていました。スーパーサイエンスハイスクールとは文部科学省により理数系の科目を重点的に教育する高校です。また熊谷高校は埼玉県教育委員会が指定する進学指導重点推進校でもあります。進学指導重点推進校とは埼玉県内の公立高校の中で難関大学への進学実績に特に力を入れる高校のことです。

中学校は加須北中学校との噂

カズレーザーの出身中学は明らかになっていませんが、加須北中学校ではないかという噂があります。カズレーザーが中学の先輩だという人が中学について生徒数が少ないというツイートをしています。カズレーザーの出身地である埼玉県加須市内で生徒数が少ない中学校は加須北中学校であるため、加須北中学校は出身中学校なのではないかと言われているのです。

カズレーザーの出身校の各学部の偏差値

熊谷高校普通科の偏差値は65

カズレーザーが卒業した熊谷高校普通科の偏差値は65とされています。2017年の埼玉県内の偏差値ランキングでは、公立高校で15位という順位でした。埼玉県内の高校はレベルが高いので順位は15位にとどまっていますが、偏差値が65というのは十分トップレベルの高校といえます。熊谷高校に入学できたカズレーザーは幼い頃から優秀だったのでしょう。

同志社大学商学部の偏差値は72

カズレーザーが卒業した同志社大学商学部の偏差値は72とも言われています。同志社大学は14学部ありますが、ほとんどの学部が偏差値70前後という、入学が非常に難しい高学歴の大学なのです。カズレーザーは「センター試験で受かったから入学した」とさらっと言っていますが、同志社大学に入学できるというのは簡単なことではありません。

高学歴とされるメジャー大学の偏差値

同志社大学商学部の偏差値は72ともされていますが、2018年の高学歴とされる大学の同じ経済・商学部で見てみると、東京大学経済学部は75、京都大学経済学部は73、早稲田大学政治経済学部経済学科は74、慶應義塾大学経済学部は70程度となっています。同志社大学はこれらの大学と同等のレベルだということなのです。カズレーザーがどれほど高学歴なのかがわかります。

カズレーザーが本命の大学を落ちていた?

本命の志望校は京都大学だった?

カズレーザーは同志社大学を卒業しましたが、学歴に詳しいネットユーザーの間ではもともと京都大学が本命だったものの落ちてしまったのではという噂があります。関西では京都大学に落ちたときの滑り止めとして同志社大学を受験する人が多いために、カズレーザーも同じく京都大学が本命で受験し、落ちてしまったので同志社大学に入学したのではという推測がされているのです。

京都大学とは、ご存知の方が多いと思いますが東京大学と並ぶ日本を代表する国立大学です。官僚になりたいなら東京大学、研究者になりたいなら京都大学とも言われており、京都大学出身者にはノーベル賞受賞者も多くいます。日本で初めてノーベル賞を受賞した物理学者の湯川秀樹も京都大学卒です。iPS細胞で有名な山中伸弥も出身は神戸大学ですが、京都大学iPS細胞研究所長を務めており、京都大学の関係者です。

センター試験で合格したから同志社へ

私立大学は一般入試のほかに、センター試験の点数で入試をするセンター試験利用入試制度を採用している大学が多いですが、同志社大学にもセンター試験利用入試制度があり、カズレーザーはこの制度で同志社大学に合格しています。商学部の場合はセンター試験の8割程度の点数が取れていることが合格ラインとなっており、カズレーザーはセンター試験で好成績をおさめたことが推測できます。

カズレーザーはもともと一人暮らしに憧れており、埼玉から遠い大学に通いたかったそうです。受験生の中には学歴にこだわり受験する大学を決めている人もいますが、カズレーザーの場合は学歴よりも遠い場所にある大学ということが大事だったようです。現在のカズレーザーのキャラクターからも、学歴が大事だというような人には見えませんね。

センター試験利用入試で同志社大学を受験したカズレーザーですが、先に受験していた同志社大学に受かったために、その後の試験勉強については「緊張の糸が切れてしまってそのまま同志社大学に決めた」と語っています。このことから、京都大学に落ちたというわけではなく、そもそも受験もしていないと考えられます。つまり「京都大学が本命だったが落ちた」という噂はデマである可能性があるということです。

大学受験では本命大学を決めて、本命大学に合格するために猛勉強をするのが普通です。しかしカズレーザーは埼玉から遠い大学であればどこでもよく、たまたま受験した同志社大学に受かったから入学したということかもしれません。何となく入学したという感じがカズレーザーのイメージに合っています。

カズレーザーは以前、同志社大学は滑り止めで受けたことを話していました。滑り止めということは本命の大学があったということになります。また、同志社大学よりもいい国立大学に行きたかったとも話していました。同志社大学よりいい国立大学とは東京大学、京都大学、一橋大学、大阪大学などがあります。

同志社大学を滑り止めにするということ自体が優秀な証拠なのですが、それだけ優秀ならばこれらの国立大学が本命だった可能性はあります。センター試験で緊張の糸が切れたということで他の大学は受験はしなかったというカズレーザーですが、噂のとおり京都大学を受験していたら合格していたかもしれません。しかしもし受験の結果落ちたとしても、京都大学は最難関の大学ですので、落ちても仕方がないと言えます。

ちなみにカズレーザーは同志社大学時代、喜劇研究会に所属しお笑いコンビ「さらば青春の光」のツッコミ・東口宜隆と「フルハウス」というコンビを結成していました。当時から金髪・赤い服という外見だったカズレーザーは、就職活動でバンダイの説明会に行った際も金髪・赤い服だったため、翌日インターネット掲示板2ちゃんねるで話題になったというエピソードもあります。当時から奇抜なキャラクターだったようです。

同志社は東京でいう早稲田と同レベル

同志社大学は関西の私立大学では最も高学歴だと言われていますが、関東の大学で例えると早稲田大学と同じレベルの大学とされており、「西の早稲田」とも言われています。偏差値だけではなく、大学内の雰囲気なども早稲田大学に似ているということです。

関関同立の4大学は近畿地方の難関校

近畿地方の有名私立大4校である関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学は関関同立(かんかんどうりつ)と呼ばれています。私立大学というと国立大学に落ちたときの滑り止めというイメージがある人もいるかもしれませんが、関関同立の場合は関西では高学歴の象徴であり、関関同立を本命大学としている高校生もいるのです。

関関同立は関東の大学でいうとMARCH(マーチ)と同等と言われています。MARCHとは明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の頭文字をとったもので、私立大学では慶応義塾大学、早稲田大学、上智大学などの次に高学歴だとされています。そんなMARCHよりも関西での就職は関関同立の方が圧倒的に有利とされています。それほど関関同立は関西では高学歴とされ、知名度・ブランド力が高いです。

高学歴が光るクイズ番組での活躍

インテリ芸人としてクイズ番組で活躍

高学歴芸人であるカズレーザーは持ち前の知性を活かし「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」や「くりぃむクイズ ミラクル9」といったクイズ番組でも活躍し、現在は高学歴芸人の代表的な存在になっています。カズレーザーが活躍し始める前は、高学歴芸人といえばロザンの宇治原史規(ふみのり)でしたが、今では宇治原史規と直接対決をしてカズレーザーが勝つこともあります。

高学歴を生かし正解率も高く人気に

同志社大学卒という高学歴芸人であるカズレーザーですが、あらゆる分野の知識があり、クイズ番組での正解率が高いことが人気の理由の一つです。一般正解率が3%という難問も正解することもあり、カズレーザーはさまざまなクイズ番組で欠かせない芸人になっています。

高学歴なオリラジ中田やにも勝利

高学歴芸人といえば、慶応義塾大学卒のオリエンタルラジオ・中田敦彦もいます。クイズ番組で共演することも多い二人は直接対決もしました。2016年2月にの「Qさま!! ヤングインテリ学力王No.1決定戦」では、カズレーザーはオリエンタルラジオの中田敦彦を抑え優勝しています。カズレーザーとオリエンタルラジオの中田敦彦ではカズレーザーの方が高学歴芸人にふさわしいというファンの声もあります。

カズレーザーは関関同立出身の高学歴

高学歴芸人であるメイプル超合金のカズレーザーについてご紹介してきました。同志社大学卒という高学歴ながら気さくなキャラクターであるカズレーザーですが、クイズ番組や悩み相談の番組では高学歴を感じさせる知性があふれた活躍を見せてくれます。

高学歴芸人は小説やエッセーなど文学の世界で活躍することもあります。カズレーザーはもともと小説が好きで「アメトーーク」の「読書大好き芸人」にも出演しているほどです。いつか小説を書いてほしいと思う視聴者は多いでしょう。高学歴を活かして今後も視聴者を楽しませてほしいです。今後のカズレーザーの活躍から目が離せません。

他の芸人に関するニュースはこちら

たんぽぽ白鳥がチェリー吉武からの24時間テレビの公開プロポーズを快諾! | Luupy[ルーピー]
イモトが安室ちゃんと初対面!涙の理由やネットの反応は【イッテQ】 | Luupy[ルーピー]
ハチミツ二郎が緊急入院!原因は急性心不全・呼吸不全・肺炎?復帰は? | Luupy[ルーピー]
狩野英孝がフライデーに交際宣言!相手は一般人?加藤紗里や歴代彼女は? | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ