阪東妻三郎とは?妻や子供(息子)に家系図や名言まで画像付きで紹介!

阪東妻三郎という大正末期から昭和初期に俳優として「阪妻」という愛称で一世風靡し、知らない日本人はいないくらい人気の高さはずば抜けていました。阪東妻三郎は田村正和の父親です。そんな阪東妻三郎の家系図や名言などを画像と共に見ていきましょう。

目次

  1. 阪東妻三郎のプロフィール
  2. 美しすぎる写真画像はハーフ疑惑?
  3. 阪東妻三郎の家系図がすごい!
  4. 時代劇六大スタアと言われた阪東妻三郎
  5. 阪東妻三郎の名言も数多く
  6. 阪東妻三郎は若くして亡くなる
  7. 今でも語り継がれる阪東妻三郎!

阪東妻三郎のプロフィール

・愛称:阪妻(ばんつま)、剣戟王(けんげきおう)
・本名:田村 傳吉(たむら でんきち)
・生年月日:1901年12月14日
・現在年齢:51歳没
・出身地:東京府神田区(現・東京都千代田区)
・血液型:???
・身長:172cm
・体重:??kg
・活動内容:俳優
・所属グループ:???
・事務所:マキノ・プロ⇒阪妻プロ
・家族構成:妻:田村静子、長男:田村高廣
次男:田村俊磨、三男:田村正和
四男:田村亮、婚外子:水上保広
孫:田村幸士

大正末期から昭和の初期に大活躍した「ばんつま」こと阪東妻三郎(ばんどうつまさぶろう)のご紹介です。田村正和の父親でもある阪東妻三郎は当時の子供たちのチャンバラ遊びで阪東妻三郎の真似をしなかった子供がいないほど子供から大人まで大人気の俳優でした。

豪快な殺陣(たて)で映画界では阪東妻三郎の右に出る役者はいないと言われるほどです。また凄いと言われる経歴や名言や家系図などを見ていきましょう。

阪東妻三郎の経歴

昭和初期の大スター阪東妻三郎は、東京都千代田区神田の木綿問屋田村長五郎の次男として育ちます。母や姉の影響で芝居や芸事が好きで良く見に行っていた幼少期を過ごします。尋常小学校高等科を卒業する頃から父親の経営する木綿問屋が破綻し始めると歌舞伎役者になろうと決心します。15歳の頃十一代目片岡仁左衛門の内弟子として入門します。

十一代目片岡仁左衛門は人形浄瑠璃の『鰻谷』『大文字屋』などを歌舞伎化するなど、独創性のある新作には定評がありました。自らも恵まれない環境から成功した人物であるだけに、阪東妻三郎のように家業が傾いた子供など立場の弱い者には援助し受け入れていたそうです。歌舞伎役者として阪東妻三郎は厳しい下積み生活を過ごします。舞台に立つもののセリフはない状態だったそうです。

世襲制であった歌舞伎の世界で出世するのが難しい事を察すると1919年18歳の頃阪東妻三郎は、映画のエキストラに出演します。この頃の映画は「活動写真」と言っていました。昼も夜もエキストラや劇場の端役などをこなしますが役者として芽は出ず20歳になると、独立し阪東妻三郎と名乗り「東京大歌舞伎・阪東妻三郎一座」を設立するようになります。

舞台興行「阪東妻三郎大一座」は大盛況で、始めは東京近郊で行っていましたが、群馬県周辺まで興業を広げていきました。長身で細身だった阪東妻三郎は、他の役者たちより頭一つ出ていて舞台上で映え人気も急上昇でした。そんな阪東妻三郎を妬んでいた人間も多く、騙されたりして一座は終焉を迎えます。22歳の頃でした。俳優としてどん底から這い上がろうと名言も生まれます。

「これで成功しなければ二度と東京の土は踏まぬ」

心機一転し23歳の頃にマキノ映画製作所に入所し、活動写真の大部屋俳優として一から始める事を決意した阪東妻三郎でしたが、持ち前のイケメンや背が大きかったため目立っていました。あまりに活動写真の中では目立ちすぎていた阪東妻三郎は『怪傑鷹』の悪役「黒木原源太」に起用されます。しかし、観客や評論家からイケメンの悪役が主役より高評判を得たことで脚光を浴び、人気が出るようになりました。

阪東妻三郎は「ばんつま」と愛称が付けられ「剣戟王(けんげきおう)」とも呼ばれ、チャンバラという刀で戦う映画のブームを誕生させた剣戟俳優で人気を博してまいります。日本映画史に高い実績を残した人物として名を挙げられる一人でもあります。『燃ゆる渦巻』ではあまりの人気で脇役であった阪東妻三郎の役を主役にしてしまうほどの人気ぶりでした。マキノ映画時代では約1年間に50本もの作品に出演しました。

阪妻プロの創設

1925年に24歳になる阪東妻三郎は全国に熱狂的なファンが増え、溢れかえるようになり、25歳で京都太秦(うずまさ)に阪東妻三郎プロダクションを旗揚げします。『雄呂血』(おろち)など数多くの作品を世に出し、阪東妻三郎の殺陣は型破りで大評判の活動写真となり「乱闘劇のバンツマ」とも呼ばれたそうです。そして彼のセリフは名言にもなりました。

代表作の『無明地獄』『尊王』『魔保露詩』は傑作とされ活動写真の剣戟スタアの地位を不動のものとしました。阪東妻三郎の映画は不当な権力や不正と戦う不屈の精神で、やくざや落ち武者などの役柄にも人間味をもたせていたので幅広い年齢層の愛好者を増やしていきました。

美しすぎる写真画像はハーフ疑惑?

あまりに美しく当時の若い女性を熱狂的にさせた阪東妻三郎は、ロシア人のハーフなのではないかと噂されるほど美しかったと言います。上の画像でも白黒でありながら彫の深さが見て取れます。昭和の初期までは無声映画で活動写真と言われていましたので画像もよくはありません。その画像の中でこれだけ目鼻立ちが整った役者は少なったのではないでしょうか?

今にも飛び出してきそうな迫力ある活動写真の頃の画像です。阪東妻三郎と共演していた女優環歌子(たまきうたこ)は阪東妻三郎のこの頃は色白で、白というより青い肌の印象で長身だったと語っているのでロシア人風に見えてもおかしくなかったでしょう。しかし調べた結果、神田生まれの阪東妻三郎は生粋の日本人でした。

トーキー映画で更に人気が!

「こういう声の方が凄みが出る。前よりずっといい」

昭和7年頃より活動写真の無声映画の活動写真から音声付の映画「トーキー時代」に入ってくると活動写真は停滞し阪妻プロは設立して11年で解散いたします。その後、日活に入り、ボイストレーニングを独自に行い、名言も残されています。喉の奥から搾り出すような独特の迫力あるハスキーボイスを獲得してから更に人気を博していきました。

阪東妻三郎の家系図がすごい!

数々の名言を残した阪東妻三郎の家系図は、名優と言われる俳優一家でも有名です。ドラマ『古畑任三郎』の田村正和、兄の田村高廣、弟の田村亮の「田村三兄弟」を息子に持っています。孫の田村幸士(亮の長男)も俳優です。妻の田村静子も女優でした。そんな阪東妻三郎の家系図を紹介していきましょう。

子だくさんの阪東妻三郎!

阪東妻三郎は5人の子だくさんでもあります。実子の他にも婚外子(愛人の子)もいるほど、女性関係も桁違いだったようで家系図は凄い事になっています。上の画像は田村正和の時代劇の時の面影がありますし、田村正和も美しすぎるためハーフなのではないかと言われていましたが違うようです。親子二代に渡りモテモテのイケメンだと伺えます。

家系図が凄い阪東妻三郎の1953年の遺作になった『あばれ獅子』では世に出したバンツマ作品の中で一番家庭的だったと関係者の中では有名だったそうです。実際に子煩悩であったようです。阪東妻三郎の子供たちの活躍を調べて見ましたので画像と共に見ていきましょう。いずれの子供たちも日本の名優揃いです。

長男は俳優の田村高廣

凄い家系図の筆頭である長男は俳優の田村高廣(たむたたかひろ)です。一番阪東妻三郎に似ていてバンツマ2世などと言われています。俳優としての実力は定評があります。1981年『父よ母よ!』『遥かなる走路』『動乱』『天平の甍』などで日本アカデミー賞優秀助演男優賞、1965年『兵隊やくざ』ブルーリボン賞助演男優賞、1981年『泥の河』毎日映画コンクール男優演技賞を受賞します。

石橋を叩いて、渡らず引き返す。

田村高廣の若い頃の画像です。父親譲りのイケメンと伺える写真です。田村高廣は残念ながら2006年5月16日に77歳で脳梗塞により亡くなっています。長年の功績から1991年に紫綬褒章、1999年に勲四等旭日小綬章を受賞しています。凄い家系図の筆頭に勲章を載せた名優です。田村高廣の演技は味わいのある重厚で陰影のある役を得意とされていました。高廣の性格はかなりの慎重だった事も有名で名言も残しています。

次男は実業家の田村俊磨

次男の田村俊磨(たむらとしま)です。慶應義塾大学経済学部を卒業し就職しますが4年後に田村正和と田村高廣のマネージャーになりますが、株式会社タムサプライヤを設立し水防資材などを扱う商社を経営している実業家です。1960年に映画「笛吹川」に芸名田村登志麿として出演していたこともありました。昔の阪東妻三郎の写真画像と似ています。穏やかな二枚目としてネットでは画像が話題になっています。

1965年の7月に放送されたNHKドラマ「破れ太鼓」は、阪東妻三郎の十三回忌の記念作品で、田村3兄弟と次男の田村俊磨が田村登志麿として共演しました。事業に失敗する親父とその家族の人情をコメディタッチで演出されており、阪東妻三郎が亡くなった時は借金だらけだった田村家とかぶり味わいのある作品と評価されています。四男の田村亮はこの作品がデビュー作とされています。

三男は俳優の田村正和

凄い家系図の中で一番有名な三男は、若き日の阪東妻三郎の美しさを受け継いだ田村正和です。テレビドラマや映画など大活躍した華のある俳優としても知られています。代表作は『眠狂四郎』『うちの子にかぎって…』シリーズ『パパはニュースキャスター』『古畑任三郎』など数多くの出演作品があります。2009年に第49回モンテカルロ・テレビ祭では最優秀男優賞を受賞する実力派男優です。

残念ながら2018年4月に引退を表明していますが、田村正和の出演した作品にはファンも多く、ネットでは引退後の現在を心配する声が多く掲載されています。田村正和は幼少の頃、俳優になりたいと阪東妻三郎に伝えると大変喜びされ、丹下左膳の扮装などを教えてくれたそうです。

四男は俳優の田村亮

ぼくには、ウマになってよく遊んでくれました。そう布団の中でオナラをかがされたこともありました

現在でも活躍されている4男の田村亮です。父親を亡くした時はまだ小学校1年生だったそうです。父である阪東妻三郎は幼少の頃によく遊んでもらっていたようです。成城大学経済学部卒業し、代表作にテレビドラマ『あんたがたどこさ』『江戸を斬るIII』『暴れん坊将軍VIII』『狩矢父娘シリーズ』などがあります。現在72歳です。

婚外子に俳優の水上保広

水上保広のデビュー作品は『戦国大統領』で1963年に16歳で芸能界入りします。田村3兄弟とは異母兄弟だそうです。芸能界入りしたきっかけは父阪東妻三郎のマネージャーの勧められたことでデビューします。NHK「ふたりっ子」「ほんまもん」「風のハルカ」や「水戸黄門」「必殺仕置人」などの必殺シリーズなど数々の作品に出演しています。またナレーターとしても活躍する現在71歳です。

孫の田村幸士は俳優・ナレーターそしてプロデュースも

4男の田村亮の息子であり孫にあたる田村幸士(たむらこうじ)も俳優やナレーターや時代劇のプロデュースなども手掛ける多彩な才能の持ち主です。スキーが趣味で学生の頃に全日本学生スキー選手権大会3部入賞をしていることからスキー関連の雑誌のコラムなども載せるコラムニストの一面もお持ちです。映画『臨場劇場版』や数々のドラマに活躍しています。阪東妻三郎の家系図を次世代にたくす一人です。

時代劇六大スタアと言われた阪東妻三郎

家系図が物凄い事になっている阪東妻三郎ですが、人気の頃は時代劇六大スタアと言われ、知らない日本人はいないほどです。当時はスターではなくスタアと表記されていた時代でした。スタアの阪東妻三郎の豪快な私生活も話題になり数多くの逸話や名言も残されています。阪東妻三郎の発した言葉はたちまち評判になり真似する人も後を絶たないほどだったようです。

阪妻と女性たち

花見小路から八坂さんまでずら〜っと、芸者末社ひきつれて大名行列を繰り広げた

人気絶頂だった阪東妻三郎が阪妻プロを設立した頃は、ちょっと映画に出ただけでも映画会社は出演料も他の俳優の100倍程もらっていたそうで、そのギャラのほとんどが遊びに使われるほどだったらしく、京都の祇園の芸者を総揚げし、京都に芸者がいなくなった時もあったそうです。

昭和天皇の即位の礼が昭和3年(1928年)に開かれ、天皇の行列が京都御所に向かって来られるときには、権力を嫌っていた阪東妻三郎は、京都の祇園街を全て買い占めたそうです。写真一枚のギャラが現在の価値で数千万から億単位で支払われていた程でしたから豪快極まりない生活をしていたそうです。

阪東妻三郎の名言も数多く

酒は行儀よく飲んで楽しむものだ

阪東妻三郎は子供の頃から親の事業失敗から役者として人気が出るまで下積み生活が長かった事で、苦労も人一倍ありました。阪東妻三郎の発した言葉は、説得力があり明確に真髄をとらえていましたから、名言として語り続けているようです。

ツケ鬚(ひげ)では演技もウソ鬚になる

映画に懸ける情熱と意気込みが強かった阪東妻三郎は、当時ひげをはやした役はつけ髭をするのが当たり前だったそうですが、演技まで本当に見えなくなるからといい、本物のヒゲを生やし役に挑んだそうです。その言葉は名言となり、他の共演した俳優たちもヒゲを生やすようになり迫力のある映画が出来たそうです。

阪東妻三郎は若くして亡くなる

一世を風靡した阪東妻三郎は、1953年51歳の時に脳内出血で亡くなりました。高血圧を持病に持っていた阪東妻三郎は、遺作となった『あばれ獅子』の撮影中だったそうです。大活躍時代は大変忙しく寝る暇もなく俳優業をこなしていました。今でいう過労死と言えるでしょう。少ない休みの日は自宅で寝てばかりで長男の田村高廣は、幼少の頃父親と遊んだ記憶がなかったと後に語っています。

今でも語り継がれる阪東妻三郎!

時代劇に旋風をもたらした阪東妻三郎は、俳優田村3兄弟の父親でありました。芸能界でも阪東妻三郎の言葉は名言として語り継がれ、破天荒な行動は伝説となっています。また若い人たちにも遺された作品に感動しネットでも多くの投稿があります。没後65年の今現在でも話題になっています。阪東妻三郎は短い人生でしたが出演した作品は永遠に残り語り継がれることでしょう。

家系図が凄い芸能人は他にも・・・

中村嘉葎雄の現在や子供・家系図は!中村獅童との関係や結婚は?画像あり | Luupy[ルーピー]
加山雄三の父や先祖など家系図がすごい?上原謙との確執や母親は? | Luupy[ルーピー]
松たか子は兄弟姉妹と似ていない?家系図や実家の場所などまとめ | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ