武豊の自宅の場所は京都左京区?住所や価格・大豪邸の画像も紹介

武豊といえば、競馬のことを詳しく知らない人でも名前は聞いたことがある騎手かもしれません。その抜群の知名度と騎手としての能力の高さから自宅もかなり豪華だと言われています。そんな武豊の大豪邸だと言われている自宅やその価格、また画像や住所を調査しました。

目次

  1. 武豊の自宅の場所は京都市左京区にあるのか
  2. 自宅が大豪邸と噂の武豊のプロフィール
  3. 騎手は豪華な自宅を建てられるほどの年収なのか
  4. 大豪邸と言われる自宅の画像や住所を確認
  5. 自宅は大豪邸で価格がすごそうな洋風建築だった
  6. 京都に訪れた際は武豊の自宅を見に行きたくなる

武豊の自宅の場所は京都市左京区にあるのか

武豊はバラエティ番組への出演も多く、その騎手としての能力の高さからもナンバーワンジョッキーとして有名です。騎手として抜群の知名度を誇っており、多くの伝説を残しているだけに、その年収もすごいと言われています。

噂によると武豊の大豪邸である自宅は、京都市左京区にあるという噂なのです。そんな武豊の自宅の住所や大豪邸の自宅の画像について調査しました。ナンバーワンジョッキーの自宅はどのような住所にあるのでしょうか。

自宅が大豪邸と噂の武豊のプロフィール

武豊は1969年3月15日生まれの49歳です。京都府京都市伏見区淀生まれで、滋賀県栗太郡栗東町育ちです。日本中央競馬会に所属の騎手であり、父大家の武邦彦も騎手であり、武豊の弟の武幸四郎も騎手です。

武豊の家系は曽祖父の武彦七の時代から馬に関わる世界で育っています。曽祖父の武彦七は函館大経の弟子でした。この函館大経という人物は元大日本帝国陸軍の軍人であり、北海道開拓使職員、北海道庁職員でした。北海道における馬術、競馬、馬の生産に大きく貢献した人物であり「伝説の馬術師」と呼ばれるほどの人物です。

また、祖父の武芳彦は馬主協会元会長です。武豊は武邦彦の三男として生まれており、京都府で生まれたあとにすぐに滋賀県に引っ越しています。武豊は10歳のときから乗馬を初めて、栗東市立金勝小学校、栗東市立栗東中学校へと進学しています。

そして、1984年にJRA競馬学校に入学しており、同級生には調教師の池江泰寿がいます。1987年に競馬学校を卒業すると栗東の武田作十郎厩舎所属となり、騎手デビューを果たしました。

1987年3月1日阪神4レースにアグネスディクターで初騎乗し、同年3月7日に阪神3レースでダイナビショップに騎乗して初勝利を飾りました。G1初勝利は1988年の菊花賞でした。

無類の強さを誇る武豊

武豊は3歳馬の競争における頂点である東京優駿(日本ダービー)では、5賞をあげておりこれは歴代最多とんあっています。しかし、当初はデビューから9回の挑戦を繰り返しても勝利に結びつかず、武豊はダービーだけは勝てないという評価を受けていました。

武豊も顔には出さなかったものの、周りの声を余計なお世話と考えていたようで、なんとか結果につなげたいと挑戦を続けていたようです。そして1998年のスペシャルウィークで初めての勝利を飾り、17万人の観衆が「ユタカ」コールを行ったほどの大きな出来事となりました。

その後は1999年にアドマイヤベガで、2002年にタニノギムレット、20005年にディープインパクト、2013年に絆で優勝を飾って通算5回の日本ダービー優勝を記録しています。特にディープインパクトとキズナは親子であり、親子ともに騎乗して日本ダービーを優勝した騎手は武豊だけです。

バラエティ番組での評価も高く武豊の画像の知名度も高い

また、それだけでなく天皇賞(春)は8勝、天皇賞(秋)は通算6勝など多くのG1で勝利を記録しています。軽快なトークからスポーツ系のバラエティ番組に呼ばれることも多く、お笑い芸人などともうまくトークを交わせるなど、競馬ファン以外にも知名度が高いという特徴があります。

プライベートでは佐野量子と1995年に結婚しており、結構披露宴は京都府の都ホテルで行われています。これは武豊の「1000勝祝賀会」もかねたものでした。

騎手は豪華な自宅を建てられるほどの年収なのか

よくドラマや漫画などで、競馬のギャンブルにのめり込んで人生を破滅させる人というのはよく登場します。それだけに競馬という世界においては大きなお金が動いていることが予想されますが、実際に騎手というのは年収がすごいのでしょうか。

そういった年収価格についてまず調べてみました。2017年のデータによると中央競馬所属の騎手は137人居るそうです。そして、その中での最低年収は43万円で最高では2億4248万円ということでした。そのため騎手の平均年収は3936万円ということでした。

2017年の騎手の最高年収はC.ルメールのものであり、199勝の41億4622万円という獲得賞金です。とはいえ、その獲得賞金がすべて騎手のものとなるわけではないそうで、獲得賞金に5%をかけたものが騎手の取り分となるそうです。また、出走数に騎手奨励手当というものを1600円をかけて、さらに出走数に騎乗手当をかけたものがもらえます。

騎乗手当は重賞が43000円で一般が26000円とのことです。また、一部のレースでは金額が異なってくることもあるようですが、そういった金額から2017年の一番多い年収が2億4248万円ほどだと言われているようです。

武豊の2017年の年収は?

そういった価格を参考に、武豊の2017年の場合は82勝しており、獲得賞金が27億888万円とのことでした。そのため年収価格は1億6189万円ほどと言われています。かなり体力的にも精神的にも苦労の多いと言われている騎手ですが、イメージよりも年収は高くないと感じたかも知れません。

例えばプロ野球選手であれば年俸が5億円という選手も居ますし、サッカーも日本では1億円ほどの価格ですが、海外のクラブであれば6億円ほどをもらっている日本選手もいます。また、野球のメジャーであれば年収価格が40億円近くなるトップ選手もいます。

芸能人でもトップクラスであるビートたけしであれば年収は15億円以上という声もありますし、こちらも海外となれば70億円とひっくり返るような年収をもらっている人もいます。そういった人たちはさすがと言えるほどの大豪邸に住んでいますし、持ち物の価格なども高級品ばかりです。

そう考えると激しいダービー馬の競争に騎乗し、たびたび画像が取り上げられる武豊の年収が1億6000万円ほどというのが高いかどうかはいろいろ見方がありそうです。慢性的な腰痛との戦いや、落馬での大怪我などリスクも多く、ダービー馬に乗れる騎手はほんの一握りなだけに、もう少しもらってもいいかもしれません。

大豪邸と言われる自宅の画像や住所を確認

武豊が誕生した住所は京都府ですが、どうやら現在も自宅の住所は京都府とのことです。詳しい住所は京都府京都市左京区岡崎という住所のようです。京都市左京区という住所はテレビなどでもよく聞き慣れた住所かもしれませんが、その近くに武豊の大豪邸があるようです。

この左京区には平安神宮や南禅寺などの有名な名所があり、ロームシアター京都や京都市美術館などの施設もあります。それだけにかなり地価も高そうな京都市左京区ですが、そういった場所の近くに武豊の大豪邸があるというわけです。この一帯の画像だけでも高級な雰囲気と歴史を感じる画像が多いです。

いわゆる高級住宅街の画像と言えば閑静な住宅街というイメージがあります。しかし、どうやら武豊の住所である京都市左京区岡崎という場所は、人通りが多いだけでなく、近隣の一つの観光スポットとして武豊の自宅が有名なのだとか。

自宅の場所は観光スポット状態に

どうやらいろいろな情報を確認してみると、京都市の観光バスなどで近くを通るとバスガイドさんが、武豊の自宅の場所を「あちらが武豊さんの自宅です」と紹介するようなこともあるのだとか。

しかも、武豊自身も自宅を隠す気は無いのか、かなりわかりやすい位置にあるらしく、画像を確認してみると目立っているのが分かります。ところが、なかなかその自宅を取材させたことはなかったようで、正式に自宅の画像が公開されたことは少なかったようです。

武豊の自宅の画像がテレビで取り上げられたのは、水谷豊と木梨憲武の旅番組の中で大豪邸を取材するということがありました。正直、さきほどの画像もそうですがかなり洋風建築であり目立っているのが分かります。

そのときの放送の画像を集めて動画にしたものもありました。自宅の外観だけでなく中に入るとさらに洋風建築でああることが分かります。日本の建物とは思えないようなまるで宮殿のような自宅に驚かされます。

武豊の自宅の敷地面積は150㎡ほどあるそうで、車も高級車を複数所持しているという話もあります。玄関を入ると高級ホテルのような階段が登場していますし、中のインテリアも高級品ばかりです。どこかの宮殿の一室のような風景といえるでしょう。

自宅は大豪邸で価格がすごそうな洋風建築だった

この番組ではそんな自宅に住む武豊と妻である佐野量子も出演しており、豪華なアンティークの数々が紹介されていました。いままでテレビの取材を正式には受けてこなかったようですが、なんだかんだでテレビの中では自宅を褒められてご満悦な武豊を確認できます。

番組ではこの自宅の価格などについては詳しく紹介されていないようです。それでもこれだけの自宅なので数億円クラスの自宅であることは間違い無さそうです。京都市左京区にある驚きの自宅は洋風建築だったわけです。

自宅以上に凄いかもしれない武豊の事務所

実は武豊の自宅だけでなく、別の番組で武豊の事務所も取材を受けていました。そのときの動画を確認するとこちらも輝かしい武豊の経歴が確認できる画像や、トロフィーなどが無数に飾られています。

事務所とのことですが、半ば「武豊博物館」という感じですがあくまで一般には非公開のようです。以外にもこの事務所の中での一番の宝物というのは、元中日ドラゴンズの山本昌が引退登板のときに使ったグローブなのだとか。山本昌とはこのグローブを貰う代わりに、引退するときに使った騎手用のムチを渡す約束になっているそうです。

あくまでこの事務所に関してもテレビでちゃんと取材されたのはこのときが最初だったようで、普段はここにある記念品をイベントに貸し出すという形になっているようです。確かにこういったトロフィーなどをもらったあとはどうなっているのか気になっていましたが、武豊のようにちゃんと保管して並べている人は珍しいかもしれません。

これでも飾られているものはごく一部というだけに、武豊のその生涯成績のすごさを感じるものとなっています。しかし、この収録のときもかなりご満悦な武豊の表情が確認できるだけに、引退してからはこういった事務所を公開して記念館にするような雰囲気もあります。

自宅のインテリアは妻の趣味?

この武豊の自宅ですが、基本的には妻である佐野量子が生活しているようです。もともと佐野量子は結婚して京都に引っ越したときは、京都の生活で寂しさも感じたそうですが、次第にその町並みを好きになったそうです。

どうやらクリスマスシーズンなどになると派手な飾り付けをするそうで、自宅がさらに目立つ感じになるのだとか。武豊は騎手として忙しい日々をすごしているため、家のことは全て妻である佐野量子に任せているそうです。そのことから、自宅の洋風建築やインテリアは妻の佐野量子の趣味なのでは?という声が多いです。

もともと、写真週刊誌などでも妻出る佐野量子の「浪費癖」が取り上げられたこともあり、今回の自宅公開でやはり浪費家なのではと話題になりました。一時は武豊の不倫騒動などもあり離婚話も出たことはあるようですが、こんな大豪邸の自宅に住めるなら不倫は我慢となったのかもしれません。

京都市左京区という住所やその豪華な自宅から、かなりの価格をかけて作られたということが想像できますし、玄関も大理石でインテリアもアンティークものなので価格は恐ろしいものになっていそうです。

京都に訪れた際は武豊の自宅を見に行きたくなる

武豊のの自宅の場所は京都府京都市左京区岡崎という場所でした。その場所には不釣り合いな大豪邸だったことが印象的ですが、その自宅場所自体は観光スポット状態というのがユニークですよね。さすがに自宅の中を覗くことは厳しいでしょうが、京都に訪れたら自宅場所近くに立ち寄って迷惑にならない程度には観察したいものです。

また、京都市左京区という場所自体も観光名所が多いのでそういった場所に立ち寄るついでに噂を確認したくなる場所だといえます。実際に観光バスに乗ってバスガイドがその場所の近くを立ち寄るときに教えてくれるのか確認したいところです。

その年収が1億円を超えるものだけに自宅もかなり豪華でした。しかし、せっかく自宅を公開してくれたので、今後も自宅の取材のオファーを受けた欲しいところです。現在は騎手として忙しい毎日を送っているので、引退したらそういったプライベートな部分をもっと披露してくれるかもしれません。

騎手は最年長で62歳12日で重賞勝利となった人物も居るだけに、武豊も現在は49歳ということでまだまだ戦えそうです。また、父親のように調教師という道も考えられるだけに、今後も武豊が競馬界でどのように活躍していくのが楽しみです。そして、現在の大豪邸がさらにスケールアップするかが楽しみですね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ