はじめしゃちょーは静岡大学出身?気になる学部や偏差値を詳しく調査

人気YouTuberのはじめしゃちょーの出身大学である静岡大学は偏差値も50前後の中堅国立大学として有名です。はじめしゃちょーの出身学部や、静岡大学の学部別の偏差値など静岡大学のデータをまとめました。また合わせてはじめしゃちょーの経歴もご紹介します。

目次

  1. はじめしゃちょーのプロフィール
  2. はじめしゃちょーは静岡大学出身!
  3. 無事卒業した静岡大学の学部と偏差値
  4. はじめしゃちょーは留年していた?
  5. はじめしゃちょーは卒業も動画のネタに
  6. はじめしゃちょーは静岡大学を無事卒業!

はじめしゃちょーのプロフィール

・愛称:???
・本名:江田 元(えだ はじめ)
・生年月日:1993年2月14日
・現在年齢:25歳
・出身地:富山県砺波市
・血液型:AB型
・身長:186cm
・体重:60kg
・活動内容:YouTuber
・所属グループ:なし
・事務所:UUUM株式会社
・家族構成:父、母、弟、祖父、祖母

はじめしゃちょーの経歴

はじめしゃちょーは富山県砺波市立砺波東部小学校、砺波市立庄西(しょうせい)中学校を経て、富山県高岡市の高岡西高校に入学しました。小学校時代からバスケットボールをしていたはじめしゃちょーは高校でもバスケットボール部に所属し、県内ベスト16になるなどの結果を残しています。

高校時代にも友人たちと動画を撮影していたというはじめしゃちょーは、大学1年生のときにYouTubeへの投稿を始め、実験系動画で再生数を伸ばしていきました。2014年4月1日からはYouTuberが所属する事務所UUUMに所属し、以降さらに精力的にYouTuberとして活躍していきます。2015年1月には登録者数が100万人を突破し、2016年3月にはHIKAKINを抜きチャンネル登録数日本一に輝きました。

はじめしゃちょーはたびたびテレビ出演をすることもあります。2015年12月31日のNHK紅白歌合戦には、2015年話題になった人物の一人としてHIKAKINと一緒にゲスト出演しました。またフジテレビ系朝の情報番組「めざましテレビ」内のアニメ「紙兎ロペ」では、はじめしゃちょー本人を元にしたキャラクター「しゃちょー」役で2016年11月29日、2017年2月6日放送分に出演しています。

また、2017年11月3日に放送されたインターネットテレビAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」では、草彅剛らにYoutube動画の作り方を教える講師として出演しており、日本のYouTuberを代表する存在としてYoutube以外にも活動の場を広げています。

はじめしゃちょーのYouTubeチャンネル登録者数は2018年9月現在、2位のHIKAKINより30万人ほど多い694万7790人となっています。動画の総再生回数は54億回以上にもなっており、はじめしゃちょーはHajime Syachoとして海外でも日本のトップYouTuberとして知られています。

はじめしゃちょーは静岡大学出身!

彼女を追いかけ猛勉強のした日々

はじめしゃちょーは高校1年生から3年間付き合っていた彼女がいましたが、彼女は成績優秀でボランティア活動にも精を出すなど優等生の方だったそうです。一方はじめしゃちょーは部活や彼女と遊ぶことに時間を使っており勉強はほとんどしていませんでした。

3年生になり彼女が推薦で大学に合格したことで、はじめしゃちょーは彼女の大学と近いところにある大学に進みたいと1日10時間の受験勉強を開始しました。その結果、センター試験の模擬試験で校内1位をとるほどまでに成績が上がったそうです。

希望する大学は受験できず静岡大学へ

1日10時間の猛勉強により、センター試験の模擬試験で校内1位をとるほどまでになったはじめしゃちょーですが、実際のセンター試験では模擬試験での成績より150点低い点数になってしまいました。そのため偏差値も下がってしまい、志望校だった高偏差値の大学は受験するのが難しくなってしまいました。

はじめしゃちょー本人は彼女と同じ地域に行くことを諦めきれなかったので志望校は変えたくありませんでしたが、担任からの説得などもあり志望校を断念し、センター試験の結果で合格範囲内になった静岡大学に進路を変更しました。

とはいえ、静岡大学も偏差値的には中堅大学とされているので簡単に合格できる大学ではありません。高校3年生まで真剣に勉強していなかったというはじめしゃちょーですが、1日10時間の猛勉強で偏差値を大幅に上げ、静岡大学に入学できるまでになったのです。

遠距離恋愛が続かず彼女とは破局

センター試験に失敗し静岡大学に入学したはじめしゃちょーは、入学後も高校時代から付き合っていた彼女と遠距離恋愛をしていましたが、大学生活を過ごすうちに彼女とすれ違い、最終的にはじめしゃちょーは彼女から振られてしまったそうです。しかし、そのことで人と違う変わった人生でもよいと思いはじめ、そのことがYouTuberになることへ繋がっていったそうです。

大学時代にユーチューバーとして活動開始

はじめしゃちょーは2012年3月、大学1年生の春休みに友人たちとYouTubeへの動画投稿を始めました。当初は商品紹介がメインで再生回数もあまりありませんでしが、試行錯誤を経て「~やってみた」などの実験系動画に変わっていきます。

YouTuberとして活動し始めて1年後の2013年3月には、現在でもはじめしゃちょーの人気動画のひとつになっている「メントスで槍を作ってコーラにブッさす」を投稿し注目されました。大学生活と並行してYouTubeへの投稿を続けていたはじめしゃちょーは「コーラ風呂に体中メントスで入ってみた」「スライムで風呂作ってみた」など、はじめしゃちょーの代名詞ともなった動画を大学在学中に投稿しています。

大学4年生のとき、もともと教員志望だったはじめしゃちょーは教育実習に行くことになっていました。しかしYouTube JapanのCM「好きなことで、生きていく」の出演依頼が舞い込みます。教育実習の日程とCM撮影の日がたまたま同じ日だったため、教育実習とYouTubeのCM撮影のどちらを選ぶかでその後の進路が決まってしまうことになってしまいました。

教員とYouTuberという二つの職業で悩んだはじめしゃちょーですが、最終的にはYouTuberになることを選び、CM撮影にのぞみました。そして大学卒業後もYouTuberを続けているはじめしゃちょーですが、引き続き日本のトップYouTuberとして活躍を続けています。YouTubeの撮影の方を選んだ結果は正しかったと言えるでしょう。

無事卒業した静岡大学の学部と偏差値

はじめしゃちょーの出身大学の偏差値は?

はじめしゃちょーの出身大学である静岡大学とは静岡県にある国立大学で、難易度は国立大学の中でも中堅のレベルだと言われています。静岡大学の偏差値は具体的にはどのくらいなのでしょうか。河合塾による各学部別の偏差値をご紹介します。

教育学部の偏差値は45.0~55.0、人文社会科学部の偏差値は52.5~55.0、情報学部の偏差値は45.0~55.0、理工学部の偏差値は47.5~52.5、工学部の偏差値は50.0~55.0、農学部の偏差値は50.0~55.0、地域創造学環の偏差値は55.0となっています。

学部は静岡大学の人文社会学部

はじめしゃちょーの出身大学は静岡大学ですが、出身学部は人文社会科学部だと言われています。しかし、通っていた大学が静岡大学ということは動画などで判明していますが所属学部については公言したことはありませんので、あくまで噂ということにはなります。

はじめしゃちょーの出身学部と思われる静岡大学人文社会科学部は文系の学科が集まっている学部で、社会学や心理学などを学ぶ社会学科、外国語や言語学などを学ぶ言語文化学科、法律学や政治学を学ぶ法学科、経済を学ぶ経済学科があります。はじめしゃちょーは英語が好きで、卒業を発表した動画では受講した講義に英語やポルトガル語があったことから言語文化学科出身ではないかと推測できます。

動画も静岡大学の周辺で撮影していた

最初のうちは通っている大学を公表していなかったため、はじめしゃちょーの大学は静岡県立大学か静岡大学だということまでしかわかっていませんでした。しかし動画を公開するうちに動画に移る風景が静岡大学周辺のものが多いということで、地元の人たちのネットへの書き込みによってはじめしゃちょーが通っている大学は静岡大学だと特定されました。

はじめしゃちょーは留年していた?

大学時代にイギリスへ半年留学

はじめしゃちょーは20歳だった2013年9月から2014年3月までの半年間、イギリスに語学留学しています。高校時代から英語が得意で、静岡大学に入学時は将来英語の教師になることも考えていたということで、英語力をさらに磨くための留学でした。留学中は活動休止をすることなく、動画投稿を続けながら語学の勉強をしていました。

はじめしゃちょーは大学3年生の後期から大学を休学し半年間留学したため、卒業時期が1年ずれてしまいました。そのため視聴者の中には、はじめしゃちょーは留年したと思っている人もいます。しかしはじめしゃちょーは厳密に言うと一般的な留年というものをしたわけではないようです。

留年とは学年を進級したり卒業するにあたって必要な単位数が足りない人が進級できなかったり卒業できなかったりすることを指します。講義をさぼったり試験に落ちてしまったという人が留年することが多く、留年した人は不真面目な人というイメージが世間のイメージでしょう。しかしはじめしゃちょーは留学のために休学をしたということなので、遊んだりさぼったりしていて留年したということではありません。

日常会話は問題なく話せるレベル

もともと英語が好きだったはじめしゃちょーは、留学前からある程度英語が話せるまでになっていました。そして半年間イギリスで留学した結果、日常会話は特に問題なく話せるまでに上達したということです。ちなみに大学卒業後の2016年6月22日、はじめしゃちょーは「3年間アメリカに留学します」という動画を発表しましたが、こちらはドッキリだったということで炎上してしまいました。

英語のインタビューもバッチリな動画

こちらははじめしゃちょーが英語でインタビューを受けている動画です。インタビュアーはYouTuberのPDRさんの妻で自身もYouTuberのMimeiさんですが、はじめしゃちょーは多少たどたどしい話し方ではあるものの意思疎通ができています。また基本的な語彙や文法は覚えているようです。

はじめしゃちょーは卒業も動画のネタに

卒論の内容がまさかのじゃんけん?

はじめしゃちょーは2016年3月に静岡大学を卒業していますが、卒業論文が「じゃんけんで確実に勝つ方法」というタイトルだったことで話題になりました。タイトルどおりじゃんけんに関する論文なのですが、内容は明らかになっていません。



しかし、YoutuberのKAZUさんは上記のとおり卒業論文の内容について褒めるツイートをしており、しっかりした内容で書かれた論文だったということがわかります。卒業論文のタイトルから誤解してしまいますが、決してふざけてこのような内容の卒業論文にしたわけではないということなのでしょう。

卒業の成績発表も動画で配信

はじめしゃちょーは2016年2月19日に「卒業?留年?成績を発表します。」という動画を投稿しています。はじめしゃちょーは卒業論文を提出しましたが、実は4年生後期の成績によっては留年してしまうという事態になっていました。

留年していないにも関わらず2ちゃんねるで「留年系YouTuber」と書き込みをされることも多かったはじめしゃちょーですが、後期の成績によっては本当に留年してしまうということで、緊張の結果発表となりました。後期に受講した「英語コミュニケーション」「ポルトガル語」の単位が取れていたはじめしゃちょーは見事静岡大学を卒業できることとなりました。

留学で後輩のまさき取締役と一緒に卒業

見事必要単位を取得できたはじめしゃちょーは卒業することになりましたが、留学により卒業が一年遅れたため、ともに動画を作ってきた1年後輩のまさき取締役と一緒に卒業式を迎えることになりました。ともに仕事をしてきた仲間と一緒に卒業できるということで喜びもひとしおだったことでしょう。

はじめしゃちょーは卒業式の際、10人のSP役の男性を引き連れて会場に登場する「SP連れて卒業式に行ってみた」という動画を作っています。自身の卒業までもネタにするところはさすがトップYouTuberです。

はじめしゃちょーは静岡大学を無事卒業!

留学、YouTuberの活動など多忙を極めていたはじめしゃちょーですが、無事に静岡大学を卒業することができました。はじめしゃちょーは卒業後も出身大学のある静岡に残り日本を代表するYouTuberとして活動しています。

有名になったことで炎上やストーカー被害に遭うなど辛いこともあるようですが、今後も多くの視聴者を楽しませてくれる動画を作り続けてくれることでしょう。今後のはじめしゃちょーの活躍に期待です。

その他のはじめしゃちょーの記事はこちら

はじめしゃちょーのぬいぐるみ・所沢とは?名前の由来や値段・販売店を調査 | Luupy[ルーピー]
はじめしゃちょーの本名は冨田でも伊藤でもなかった!江田元が本当の名前? | Luupy[ルーピー]
はじめしゃちょーの友人・まさき取締役とは?身長や出身大学・就職先を調査 | Luupy[ルーピー]
はじめしゃちょーの家の場所がついに特定!家賃や住所・間取りは? | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ