藤井聡太のおもちゃとは?立体パズル・キュボロの遊び方やその他の知育玩具を紹介

若き天才棋士として有名な藤井聡太ですが、その藤井聡太の天才的な脳を育てるのに一役買ったと言われているおもちゃが話題になっています。天才棋士と呼ばれる藤井聡太が遊んでいた立体パズル・キュボロなどのおもちゃ、知育玩具について調べました。

目次

  1. 藤井聡太のプロフィール
  2. 天才棋士藤井聡太の脳を育てたキュボロ
  3. 立体パズルキュボロはどんなおもちゃ?
  4. 木製の積み木や知育玩具を詳しく紹介
  5. 藤井聡太の基礎を作ったスタディ将棋
  6. 藤井聡太の天才脳を育てた立体パズルがバカ売れ!

藤井聡太のプロフィール

藤井聡太の経歴

・愛称:そうちゃん
・本名:藤井聡太
・生年月日:2002年7月19日
・現在年齢:16歳
・出身地:愛知県
・血液型:A型
・身長:180cm以上
・体重:???kg
・活動内容:プロ棋士(棋士番号307)
・所属グループ:???
・事務所:杉本晶隆七段門下
・家族構成:祖父母、父、母、兄

2007年の夏頃、当時5歳であった藤井聡太は、将棋を祖父母から教えてもらってそうです。その後、同年の2007年の12月には藤井聡太の地元である愛知県の瀬戸市内にある将棋教室に入会しました。

藤井聡太は将棋教室に入会した際に師範から渡された、500ページに近い厚さの所司和晴の『駒落ち定跡』を渡されたそうです。藤井聡太は当時5歳という幼さだったためまだ読み書きができず、本は読めなかったそうですが、書かれていた符号だけを頼りにひたすら読み進め、1年後には本の内容を完全に理解し、さらには記憶までしてしまったそうです。

藤井聡太が本格的に将棋を習い始め将棋の大会に出場するようになると、藤井聡太は才能を発揮し始めあまりにも強いと話題になったそうです。そのため大会で藤井聡太に当たるのを嫌がる子供がいたそうで、その子はあえて別の地区の将棋の大会に出たりしていたそうです。

藤井聡太は2010年3月の当時小学校1年生の時に東海研修会に入会しました。その後、2011年8月に藤井聡太は小学校3年生で出場した『第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部』でみごと優勝し、同年2011年10月に『JT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部』にも出場し優勝しました。

藤井聡太は2012年6月に研修会B1に昇級しました。同年2012年9月には小学校4年生の藤井聡太が奨励会に入会しました。その後、藤井聡太は当時中学1年生であった2015年10月18日に、史上最年少の13歳2か月という記録で奨励会三段に昇段するという偉業を成し遂げ、数多くのマスコミに取り上げられ日本全国で報道されました。

藤井聡太は中学2年生で迎えた『第59回奨励会三段リーグ戦(2016年度前期)』で2016年9月3日に、同年2016年10月1日付で14歳2か月での四段昇段しました。これにより藤井聡太はみごとプロ入りを決め、最年少棋士記録を62年ぶりに更新しました。ちなみに62年前の記録は加藤一二三が1954年8月1日に14歳7か月で四段昇段した記録でした。

中学生棋士となったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明に続いて藤井聡太が5人目であり、三段リーグを1期抜けしたのは、小倉久史、屋敷伸之、川上猛、松尾歩、三枚堂達也に続いて6人目でした。

藤井聡太の公式戦初対局となったのは、2016年12月24日に行われた『第30期竜王戦6組ランキング戦』で、加藤一二三との対局でした。藤井聡太と加藤一二三の年齢差は62歳6か月であり、記録として残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となりました。対局では藤井聡太が加藤一二三を110手で破り、公式戦勝利の史上最年少記録を14歳5か月という若さで更新しました。

2017年4月4日に藤井聡太は『王将戦1次予選』で小林裕士に勝ち、プロデビューからの連勝記録をみごと更新しました。その後も藤井聡太の連勝は続き、藤井聡太は6月26日に行われた『竜王戦本戦1回戦』で5組優勝の増田康宏に勝ち、神谷広志が30年近く保持していた28連勝の記録を抜き、藤井聡太はデビューから一度も負けることなく歴代最多連勝記録を更新しました。

しかし、藤井聡太は連勝記録を更新した6日後の7月2日に行われた『竜王戦本戦2回戦』での佐々木勇気との対局で、プロとしてデビューした後、初の負けとなり連勝記録はここでストップしました。

2018年2月1日に藤井聡太は『第76期順位戦C級2組』の9回戦で梶浦宏孝に勝ち、最終戦を待たずにC級2組1位を確定させました。これにより、藤井聡太はC級1組への昇級を決め五段に昇段しました。さらには同年3月15日の10回戦で三枚堂達也に勝ち、10戦全勝での昇級を果たしました。C級2組に初参加で全勝したのは6人目で、中学生では初めてあり、中学生での五段昇段、C級1組昇級は、藤井聡太が史上初でした。

藤井聡太は『第11回朝日杯将棋オープン戦』では一次予選と二次予選を勝ち上がって本戦に出場し、2018年1月14日に行われた準々決勝で佐藤天彦名人に勝ちました。2月17日に行われた午前の準決勝では羽生善治竜王に勝ち、同日午後の決勝戦で広瀬章人を破って藤井聡太はみごと優勝しました。

藤井聡太は同日付で六段に昇段することになりました。藤井聡太は、『一般棋戦優勝』『全棋士参加棋戦優勝』『六段昇段』と3つの最年少記録を更新しました。当時藤井聡太は15歳6か月でした。藤井聡太が五段であったのはわずか16日間という期間で、藤井聡太の昇段のスピードに日本将棋連盟の機関誌『将棋世界』の編集が追い付かないほどだったそうです。中学生での六段昇段、一般棋戦優勝は藤井聡太が史上初でした。

2月26日には出身県である愛知県は、藤井聡太の『最年少棋士記録更新』『最多連勝記録更新』『最年少棋戦優勝記録更新』などの業績を称え、愛知県特別表彰を行うことを発表しました。

3月23日に愛知県瀬戸市は、藤井聡太の『最年少棋士記録更新』『最多連勝記録更新』『最年少棋戦優勝記録更新』などの業績を称え、瀬戸市民栄誉賞を贈ることを発表しました。瀬戸市民栄誉賞は新しく作られたもので、藤井聡太は受賞第一号となりました。

2018年5月18日に藤井聡太は『第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝』で船江恒平を破り、4組への昇級を決めると共に同日付で七段に昇段し、藤井聡太は15歳9か月で七段昇段の最年少記録を更新しました。藤井聡太は1年間に3回昇段し、現行制度では藤井聡太唯一の事例だそうです。7月31日に藤井聡太は『第77期順位戦C級1組』の対局により、通算100局の最年少記録を16歳0か月で更新しました。

天才棋士藤井聡太の脳を育てたキュボロ

クローズアップ現代が藤井聡太を特集

若き天才棋士として世間の注目を集めると藤井聡太はテレビ番組にも取り上げられるようになりました。2017年6月21日にはNHK総合テレビで放送された『クローズアップ現代』では当時中学3年生であったのプロ棋士藤井聡太について特集が組まれました。

母が集中力を養う目的で与えたおもちゃ

藤井聡太の母親は藤井聡太の集中力を養う目的で小さい頃から知育玩具であるおもちゃを与えたそうです。そのおもちゃというのが知育玩具の木製の積み木おもちゃ立体パズルキュボロというものです。

3歳で作り上げた難しいキュボロ

実は立体パズルキュボロの対象年齢は4歳以上となっているのですが、藤井聡太は3歳の時にすで立体パズルキュボロで遊んでおり、大人顔負けの難しい立体パズルキュボロを作り上げるなどしていたそうです。

幼少期のキュボロで直感力を習得

藤井聡太が小さい頃に遊んでいた立体パズルキュボロは空間認識能力を支配する脳の部分を活性化することが、科学的に証明されているそうです。つまり、藤井聡太は幼少期に繰り返し立体パズルキュボロで遊ぶことにより天才的な直感力を習得したようです。

立体パズルキュボロはどんなおもちゃ?

コースを作ってビー玉を転がすルール

立体パズルキュボロはスイス製の木製の積み木のような知育玩具で、推奨年齢は4歳以上となっています。立体パズルキュボロは木製のブロックを積み上げる遊びですが、木製のブロックには溝や穴が開いているのが特徴です。

その溝や穴を上手に使って繋げてビー玉が通る道を作り、ビー玉をスタート地点からゴール地点へ誘導するというゲームです。ブロックには直線やカーブの溝や穴があり、一つ一つ穴の位置などが微妙に違うなど数多くの種類があります。

ブロック1つを単体で見ると溝や穴があるだけのシンプルなつくりに見えますが、積み木のようにいくつものブロック組み合わせていくと複雑なコースを無限に作ることができます。ブロックがシンプルな作りのため、遊び方に一切制限はありません。特にこの木製の立体パズルキュボロはブロックの中にも穴が開いているため外から一切見えないトンネルのコースを作ることもできます。

対象年齢4歳から大人もハマる魅力

木製の立体パズルキュボロの対象年齢は積み木のように組み立てるだけなので4歳からでも遊べます。また、想像力など頭の活性化にもつながるため子供の知育玩具として購入する人が多いようです。

子供の知育玩具として立体パズルキュボロは宣伝されていますが、実は大人もハマると話題になっています。大抵の知育玩具というものは年齢を重ねるごとにつまらないものになってしまいますが、この木製の立体パズルキュボロはシンプルなのに複雑で遊び方が無限大のため大人もハマるようです。

立体パズルキュボロのシリーズ展開

木製の立体パズルキュボロには『基本セット』と『補充セット』そして『入門セット』があります。基本セットとしてパーツの数が54個の『スタンダード』とパーツの数が30個の『ベーシス』があります。

基本セットの他に補充セットとしてパーツが24個の『cuboro plus プラス』 『cuboro multi ムルティ』『cuboro metro メトロ 』『cuboro duo デュオ』『cuboro bauwuerfel ブロック』があります。また木製の立体パズルキュボロの入門セットとして『cugolino (クゴリーノ)』というものがあるそうです。

重力・遠心力・感性が必要なおもちゃ

説明書通りに正確に組み立てるという遊びではなく、正解のない自由に組み立てることのできるおもちゃなので重力・遠心力、感性を最大限に養うことができるおもちゃです。正解がないおもちゃなので、制限が一切なく無限に遊ぶことができ、色々な組み合わせを試しているうちに今までにない新たな発見をすることもできます。

木製の積み木や知育玩具を詳しく紹介

知育おもちゃ・スイスのスカリーノ

知育玩具であるスイスの『スカリーノ』は立体パズルキュボロと同じ木製で、内容も立体パズルキュボロと同じようなおもちゃですが、立体パズルキュボロと違うのはブロックだけでなく棒状の橋のようなパーツも存在する点です。また、『鉄琴セット』や『鈴の塔セット』など音の鳴るパーツが含まれているものもありいろいろな楽しみ方があるセットも存在します。

知育おもちゃ・ドイツのネフスピール

知育玩具であるドイツの『ネフスピール』は不思議な形をした積み木のおもちゃです。小さい頃、積み木を積み重ねて遊んだ経験がある人は多いと思いますが、この『ネフスピール』という積み木は普通の積み木と違い5cm角の立方体を斜めにカットした不思議な形をしており、カラフルな種類の積み木もあります。

積み木をまっすぐに綺麗に積み上げるのは、小さな子どもにとってすこし難しいようです。そのため、まず初めに、普通の四角い積み木を使いまっすぐに積み上げるという練習をしてから、次の段階として『ネフスピール』を積み木として使うのがおすすめなようです。

知育おもちゃ・くもんたまそろばん

知育玩具の『くもんたまそろばん』はくもんが出している数の概念を教えるのに適したおもちゃです。対象年齢は3歳以上で教えるのが難しい120までの大きな数を勉強するのに適しているようです。

藤井聡太の基礎を作ったスタディ将棋

祖母の勧めで5歳からスタディ将棋

藤井聡太が将棋を始めるきっかけを作ったのは祖父母でしたが、藤井聡太が祖母に勧められて5歳で始めたおもちゃがあるそうです。それが、木でできている木製のスタディ将棋です。

スタディ将棋とは将棋がわからない駒の動かしかたが全く分からないという超初心者でも気軽に遊ぶことができる将棋のおもちゃで、スタディ将棋で遊んでいるうちに自然とルールが覚えられるという画期的な将棋のおもちゃです。

駒の動かし方がきっかけで知育玩具が人気に

藤井聡太が注目を集めるとその天才的な駒の動かし方に注目が集まりました。すると藤井聡太の考え方や親の育て方などにも注目が集まるようになり藤井聡太が小さい頃から使っていた木製の知育玩具に注目が集まりました。小さい頃から遊び感覚で集中力をや想像力を養ってきた藤井聡太に続けと日本全国の親が一斉に注文をしているようで大人気になっています。

藤井聡太の天才脳を育てた立体パズルがバカ売れ!

史上最年少記録を次々に生み出し、世間の注目を集めた天才プロ棋士の藤井聡太ですが、若くしてその才能を開花させた秘密にさらに注目が集まりました。その中でも注目されたのが、藤井聡太が小さい頃から使っていたという知育玩具の立体パズルです。

藤井聡太が使っていた立体パズルは瞬く間に注目を集め、今なおバカ売れ状態です。数年後には藤井聡太を超える大型の天才少年・少女が世間を賑わせるかもしれません。若くして才能を開花させた天才プロ棋士藤井聡太の今後の活躍に期待です。

その他藤井聡太に関する記事はこちら

藤井聡太の天才エピソードがすごい!幼少期から現在までの成績や強さの理由を調査 | Luupy[ルーピー]
藤井聡太の扇子が人気で即完売!値段や再販の予定・その他のグッズは? | Luupy[ルーピー]
藤井聡太の兄は東大生?出身高校や両親・家族構成についても調査 | Luupy[ルーピー]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ